合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

ヒト幹細胞の育毛剤って効果あるの?ヘアケアメーカーがぶった切ります

  • 医療
ヒト幹細胞を使った育毛剤って本当に生えるの?実はグレーな幹細胞ビジネス

今回は話題を集めている幹細胞についてご紹介します。

 

美容業界では、年々医療にすり寄ったサービスや製品が登場しますが、幹細胞は果たしてどうでしょうか?

 

是非ご覧ください。

 

 

ヒト幹細胞を使った育毛剤って本当に生えるの?

 

結論から書きます。効果あると思いますが劇的に生えるか?というところで言うと育毛剤と一緒というレベルです。

 

発毛サロンでは幹細胞を一切謳っていないサロンも多いですが、生えている実績がありますので幹細胞がじゃなきゃ生えないという事はないです。

 

ただ、気を付けたいのが、そもそも「ヒト幹細胞」って皆さんはきちんと理解していますか?というところです。

 

IPS細胞でノーベル賞を取ってから、幹細胞コスメなるものが多く出てきていますが、まだまだ理解していない方は多いです。

 

 

ヒト幹細胞とは?

 

そもそもヒト幹細胞とは下記の様なものです。

 

「幹細胞」とは自分とまったく同じ能力を持った細胞に分裂することができる「自己複製能」と、自分とは異なる細胞を生み出す「分化能力」の2つの機能を併せ持った細胞のことをいいます。分かりやすく言い換えると、新しい細胞を生み出し、肌の再生を促進してくれる細胞です。
引用:美容液に含まれる話題の成分と効果を徹底解説

 

主に「人間由来・植物由来・動物由来」がありますが、人間由来のものが安全性が高く、親和性があるので採用されています。

 

植物由来だと、リンゴ幹細胞が育毛剤に入っているケースをたまに見かけます。


動物由来だと、馬のプラセンタ等が使用されている様にこちらも意外に使われているケースも多いです。

 

関連記事

 

 

ヒト幹細胞培養液の嘘!効果があるのはヒト幹細胞培養上清液の方

 

各ネット広告でもヒト幹細胞とやたらめったらに宣伝していますが、そもそも「ヒト幹細胞培養液」ってほとんど効果が無いのです。

 

上のキャプチャー画像を見て頂ければ分かりやすいですが、ヒト幹細胞培養液は「培養する前の液」であって「培養した後の液」ではないのです。

 

即ちヒト幹細胞が全く入っていないのです。

 

ただ、冒頭お伝えした様に一応の効果はあります。
研究者の方と以前お話する機会がありましたが「ヒト幹細胞培養液の方でも一定の効果はある」と言っていました。

 

今現在、確実に効果があると確実に言えるのは「ヒト幹細胞培養上清液」の方です。

 

ヒト幹細胞を培養した液は数百のサイトカインが豊富に含まれています。それの上澄みを採取したものがヒト幹細胞培養上清液です。

 

サイトカインとは主に免疫系細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞表面に存在する特異的受容体を介して極めて微量で生理作用を示し、細胞間の情報伝達を担う
引用:サイトカイン

 

クリニックでも使用されていますが、滅茶苦茶高いです。
ホームケアとしては高くてお客様は基本続きません。

 

そのレベルなので、市販で売られる事がまずありません。

 

仮に上清液が入っていたとしても、化粧品の高額な成分は「25mプールに数滴レベルしか入っていない」というのが常識です。

 

ちなみに、画像の③の幹細胞そのものを使うと医療行為となりますので、そもそも幹細胞コスメという言い回しも誤解を与えますよね。

 

もし幹細胞そのものを使ったら、万が一その幹細胞が変な増殖をしたら危険ですからね。

 

 

「ヒト幹細胞培養液=ヒト幹細胞培養上清液」ではない!嘘の見破り方

 

ブログで「ヒト幹細胞培養液は、ヒト幹細胞培養上清液!ただ濃度の違い!」と書いている方が何人か見受けられるますがこれも嘘です。

 

そもそもそういった方々は、利益相反をしている場合がほとんどです。
下の方に自分が取り扱っている幹細胞コスメを紹介しているんですね。

 

【幹細胞化粧品】 〈業界に波紋〉幹細胞培養液は「単なる培地」?/上清液との違いで「評価機構」がデマ拡散か(2021年7月15日号)
というコラムでは【「培養上清液」といった文言を含む表示名称は、現時点では存在しない。】と書いてありますが、この時点でも多くのクリニックが「ヒト幹細胞培養上清液」と書いていた記憶がありますし、幹細胞コスメに関わっている訳ではありませんが、メーカーという側面もある弊社ですので、効果の違いは確実にあります。

 

ここではこのように賛否両論のある幹細胞コスメを私的な見解で、まず間違いない嘘の見破り方をお伝えします

 

 

 

価格が2万円以下

まずどんな濃度だろうが、価格が2万円以下の製品にはほぼ入っていないと思ってください。

 

万が一、2万円以下で手に入るなら幹細胞コスメ界で確固たる地域を既に築いているはずです。

 

 

 

フリーズドライ(2剤式)でない

生きている成長因子というのは非常にもろいです。
常温保存では製造してから2週間程で活性化が失われてしまいます

 

その為、フリーズドライ製法で製造し、使用する場合に溶解液を使った2剤式の製品でないと本来の効果がありません。

 

色々試しましたが、1剤式では思ったような効果が出ませんでした。

 

 

結局、ヒト幹細胞培養上清液もタンパク質が増やすという事だけ

 

ここまで読んだ方でしたらお気付きになる人もいると思いますが、ヒト幹細胞培養上清液も効果があるといっても、結局はタンパク質が豊富に含まれているというだけであって、ヒト幹細胞は入っていない訳です。

 

肝心なのはいかにしてバルジ領域に浸透させるか?なのですが、頭皮はバリア機能があるため、頭皮にヒト幹細胞培養上清液を塗布したとろこでおいそれと成分を通しませんので効果は薄いです。

 

発毛サロンでは、成分を通すためにエレクトロポレーションという機械を使いますので、実際に毛母細胞の活性化が出来れば、ヒト幹細胞とかは実はあまり関係ないんです。

 

わざわざ高額なヒト幹細胞培養上清液を使わなくても、食事だったり、ヘッドマッサージだったりと費用対効果の高い薄毛改善方法はいくらでもあるので、騙されないようにしましょう。

 

高い製品は高い製品なりの効果がありますが、いかにして安く効果がある育毛方法をご案内出来るかが発毛製品のキモとなってきます。

 

関連記事