購入された商品の送料は全商品無料です。

スカルプコラム

わかめは髪の毛に良い?毎日食べると黒くなったり育毛効果がある?

  • 食べ物
「わかめで髪の毛が増える」の真実は?育毛の噂を徹底調査!

皆さんも聞いたことがあると思いますが、わかめを食べると髪の毛が生えてくると信じられています。

 

そもそも、なぜそう言われるようになったのでしょうか?

 

本記事では、わかめの育毛効果の真偽と、わかめの栄養素や効果的な食べ方などについて解説します。

 

それでは、最後までご覧ください。

 

 

わかめで髪の毛が増える?噂される理由を解説!

 

わかめには育毛効果があるという噂がありますが、その真偽はどうなのでしょうか?真相を探ってみましょう。

 

 

 

【結論】わかめだけで育毛効果は期待「薄」

結論を先に言ってしまうと、わかめだけでは育毛効果の期待は薄いです。

 

巷で噂されている育毛効果について科学的な根拠はなく、もし本当ならばわかめを使ったヘアケア商品があってもおかしくないでしょう。

 

そのような商品などが一般的に売られていないことから、育毛にはわかめだけで効くとはいえず、それほど高い期待はできません。

 

【ワカメや昆布を食べると黒い毛がフサフサと生えてくるのか】
それはないと思いますよ。髪を形成する成分としてワカメに含むミネラルなどが挙げられますが、食品から摂る栄養が髪にまで行き渡るのはごくわずか。それよりもバランスのとれた規則正しい食生活や、点滴・サプリメント等による効率的な栄養の摂取を行うことで、頭髪治療の効果は高まります。
引用:「海藻は髪に良い」「ストレスで薄毛」などの真偽を医師解説

 

それよりも納豆等の大豆食品に多く含まれる「IGF-1」、唐辛子等に多く含まれる「カプサイシン」を摂取する方が発毛効果が高いです。

 

つまりキムチ納豆が最強の育毛食品という事です。

 

 

 

わかめで髪の毛が増えると噂される理由は?

事実わかめには豊富な栄養があり、髪の毛に効くと知られている成分もあります。

 

しかし、全部の栄養が髪の毛へ行き届くわけではなく、ごくわずかの栄養素しか髪の毛には届きません。

 

では、なぜわかめで髪の毛が生えてくると言われるようになってしまったのでしょうか?

 

理由は、わかめに含まれている栄養素にあり、次項ではどのような栄養素がわかめにあるのかについて解説します。

 

 

 

ミネラルが豊富なため

ミネラルは非常に重要な栄養のひとつですが、体内で作ることができません。そのため、サプリや食べ物で体外から補給する必要があります。

 

ミネラルが大量に含まれているわかめには、そのなかに亜鉛・鉄分が多く入っており発毛に効くといわれるようになったようです。

 

髪の毛にとって亜鉛や鉄分も良いと言われますが、全部が行き届くわけではありませんのでわかめのみを食していても効果は薄いといえます。

 

 

 

アルギニン酸が髪によいとされているため

わかめのネバネバ成分に入っているのが、アルギニン酸といわれる栄養素。高血圧や血中のコレステロール値を下げ、血液の状態を改善することができます。

 

その結果、血液がサラサラになり、栄養が頭皮まで浸透しやすくなるということで発毛に効果があります。

 

確かに、わかめにはアルギニン酸が入っていますが、それだけで育毛が期待できずサポートができるレベルといはいえません。

 

 

 

フコダインに育毛効果があるとされているため

フコダインとは、食物繊維の一種でアミノ酸が多く含まれている栄養素です。

 

髪の毛との関係についてですが、毛母細胞と呼ばれる細胞があり髪の毛を作り出す効果があり、その細胞を増やすことができるといわれています。

 

また、保湿力も良くなるとされており、頭皮にとって保湿は髪の毛を守る役割があるため育毛に効果があると言いわれているのでしょう。

 

関連記事

 

 

わかめで育毛サポートは可能!一緒に摂るべき栄養素3選

 

わかめだけで育毛への期待は薄いのですが、髪の毛に効く栄養成分が入っていることは事実です。

 

そのため、劇的な育毛効果はないにしても、髪の成長にマイナスになるわけではありません。

 

育毛効果を期待するのなら、わかめといっしょに髪の成長にプラスになる食品を食べることです。

 

そこでここからは、育毛を意識してわかめを食べる際に同時に摂ると良い栄養について紹介していきます。

 

 

 

タンパク質|髪の主成分

タンパク質は、髪の毛を構成するのにとても重要な栄養素です。

 

髪の毛のおよそ8割程度が、ケラチンというタンパク質で構成されています。

 

タンパク質には、2種類の「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」があり、自分の体では作ることのできない必須アミノ酸が多く含まれているのが動物性タンパク質。

 

ただ、動物性タンパク質には脂肪分が多く含まれているので、摂りすぎると肥満の原因にもなります。

 

そのため、植物性タンパク質もバランスよく摂取することが重要です。

 

タンパク質を十分に摂れば、髪の成長にも大いに役立ちます。

 

タンパク質を多く含む食品は肉・魚・卵・大豆・乳製品などです。

 

 

 

亜鉛|髪を成長させる

亜鉛は、発毛をサポートするための成分です。

 

タンパク質を多く摂ったとしても、亜鉛が足りていなければケラチンが生成されません。

 

ケラチンを作りだしやすくする効果が亜鉛にはあり、抜け毛や薄毛予防などにも効くので髪の毛を維持するめにも大事な栄養のひとつです。

 

亜鉛を多く含む食品は牡蠣・レバー・煮干し・パルメザンチーズなどです。

 

 

 

ビタミン|亜鉛の吸収を助ける

ビタミンには多種多様な種類が存在し、特徴がそれぞれあります。

 

なかでも、ビタミンB類はタンパク質に働きかけ、アミノ酸を取り入れるサポートをすることによりケラチンを生成することができます。

 

他には、頭皮の乾燥を防ぐビタミンAや血流を良くするビタミンEなどがあり、健康な髪を維持するためにビタミンは重要なのです。

 

ビタミンを多く含む食品は野菜・豚肉・レバー・大豆などです。

 

 

わかめの食べ方

 

わかめだけを食べても育毛効果は期待できませんが、髪にプラスになる栄養素は入っているので、摂取する意味がないわけではありません。

 

劇的効果は得られなくても、間接的に髪の成長を助けてはくれるでしょう。

 

では、わかめをどのように食べればいいでしょうか。わかめは食卓に出すように意識しないと、毎日食べたくなる食品ではないでしょう。

 

ファミリー世帯などではわかめを使った料理を出すこともあるでしょうが、一人暮らしの男性では食べる機会が少ないかもしれません。

 

そこでいくつか簡単な食べ方を紹介しましょう。

 

最もポピュラーな食べ方はお味噌汁にわかめを入れることです。わかめのお味噌汁なら、抵抗なく食べられるでしょう。

 

一人暮らしでお味噌汁を作るのが面倒というのなら、即席味噌汁でもいいですよ。即席味噌汁でもわかめの栄養価に変わりはありません。

 

わかめサラダという食べ方もあります。

 

わかめサラダの作り方はいろいろありますが、簡単なのはわかめにゆでたもやし、2等分に切ったかいわれ、キムチなどを加えることです。その時々に応じて、お好みの食材を追加してみましょう。

 

わかめサラダなら、わかめ以外の栄養素も取れて、健康にもいいです。

 

因みにわかめには乾燥わかめと塩蔵わかめがありますが、それぞれの調理方法も見ておきましょう。

 

 

 

▼乾燥わかめの調理法

  • サラダに入れる場合:ぬるま湯に数分つけて戻してから使用
  • みそ汁やスープに入れる場合:そのまま汁に投入

 

乾燥わかめは一見すると量が少ないように思えるかもしれませんが、水に戻すと8倍から10倍に増えます。

 

 

 

▼塩蔵わかめの調理法

  1. わかめを適量ボールなどに入れて2、3度水で洗う
  2. 両手でわかめをしっかりと絞る(水洗いした水分を取り除く)
  3. この段階でわかめは大体戻っていますが、戻り方が不十分と思われるときは5分ほど水に浸してください

 

注意点としては、水に浸す時間が長くなりすぎると、食感が失われます。

 

 

わかめ以外で髪に良い海藻類

 

わかめには育毛効果は期待できませんが、髪にいいことは確かです。

 

ただ、髪にいいということなら、わかめ以外の海藻類でも同じような効果を得られるものがあります。

 

いくつか取り上げてみましょう。

 

 

 

カゴメ昆布

カゴメ昆布は北海道函館近海の限られた海域だけに生息する昆布です。

 

カゴメ昆布に多く含まれている成分がフコイダンです。フコイダンはネバネバ成分で、カゴメ昆布には通常の昆布の2~3倍も含まれていると言います。

 

このフコイダンには髪の成長を促す効果を期待できるのです。

 

組織の再生力もあり、毛根に作用すると、壊れかけた毛母細胞を再生させ、髪が健康的に生えやすくします。

 

又、保湿作用に優れるものフコイダンです。つややハリの失われた髪の毛にこの保湿作用が働きかけ、つややかな髪にしてくれます。

 

フコイダンの効果に注目した育毛剤も販売されているほどです。

 

わかめには育毛効果は期待できませんが、カゴメ昆布にはある程度育毛効果があるとみてもいいでしょう。

 

 

 

めかぶ

めかぶはわかめの根っこ部分です。厳密にはわかめと違う海藻ではありませんが、特徴が大きく異なっています。

 

めかぶはわかめよりもぬめりが強く、栄養価が非常に高くなっています。

 

ぬめり部分に含まれている栄養素はフコイダンやアルギン酸。

 

特にめかぶにはフコダインが豊富に含まれ、毛母細胞を活性化し、細胞の分裂を促進し、髪を生成しやすくします。

 

保湿作用もあり、髪を乾燥からガード。

 

わかめそのものには大きな育毛効果を期待できませんが、めかぶの方は期待ありです。めかぶだけ食べれば効果があるというわけではありませんが、他の方法との併用で効果が出やすくなるでしょう。

 

アルギン酸も多く含むのがめかぶ。

 

アルギン酸自体には育毛効果はありませんが、髪に皮膜を作り、傷んだキューティクルを補修する作用があり、髪のパサつきを抑えてくれます。

 

 

 

もずく

もずくにもフコイダンが豊富に含まれているので、育毛にある程度の効果を期待できます。

 

 

 

ひじき

ひじきには髪にプラスになる栄養素がいろいろ含まれています。

 

まずヨウ素。ヨウ素は甲状腺の働きを促進したり、血行をよくしたりしますが、ともに髪の成長に役立ちます。

 

頭皮環境も整い、髪に栄養が行き渡りやすくなって、ハリコシのある髪を生えやすくします。

 

次は鉄分と亜鉛。ひじきには鉄分と亜鉛が多く含まれますが、両方とも髪に役立つ成分です。

 

鉄分は頭皮に栄養や酸素を運ぶ役割を果たし、髪の成長をサポート。亜鉛はケラチンの合成に必要な栄養素です。

 

ひじきのビタミンの含有量は多くはないのですが、それでもビタミンCやビタミンB2が含まれています。

 

ビタミンCは頭皮の乾燥を防ぎ、ビタミンB2は毛母細胞の働きを助けます。

 

以上のような栄養素を見ると、ひじきに多少の育毛効果があるとみていいかもしれません。

 

ただし、ひじきの食べ過ぎには注意。ひじきに有害な無機ヒ素が多く含まれ、大量に摂取すると病気になってしまうことがあります。

 

又、甲状腺の働きを活発にするひじきですが、摂りすぎるとかえって害があります。

 

 

 

ジャイアントケルプ

ジャイアントケルプという海藻をご存じでしょうか?

 

日本ではオオウキモともいい、海水温度が21℃以下のところに生育する海藻です。

 

このジャイアントケルプ、長さ50mもの高さに成長し、世界最大の海藻とも言われています。その成長パワーが毛根に作用すると、美しく健康的な髪が生えやすくなります。

 

ただ、ジャイアントケルプ自体は食べられないです。無理に食べようとしても、美味しくありません。

 

では、ジャイアントケルプの成分がどう髪に働きかけるのかというと、育毛剤に含まれていることがあるので。

 

育毛剤に含まれている成分は髪を大きく成長させます。

 

 

 

ペルベチアカナリクラタ

ペルベチアカナリクラタも海藻で、レチノール酸、イソフラボン、成長因子などを含み、育毛効果があります。驚異的な再生力と保水力があり、育毛効果はミノキシジルに近いとも言います。

 

イソフラボンも多く含まれ、ホルモンバランスを整え、髪を健やかに成長させるようにサポート。

 

ペルベチアカナリクラタはシャンプーや育毛剤に配合されている場合があります。

 

 

 

ラミナリアディギタータ

ラミナリアディギタータはフランスブルターニュ地方の沿岸の岩に生成する昆布の仲間です。

 

ラミナリアディギタータの効果としては、皮脂のコントロール、細菌の繁殖抑制、新陳代謝促進などで、これらの効果が頭皮環境を整え、育毛をサポートします。

 

ラミナリアディギタータも育毛剤に含まれていることがあります。

 

 

わかめ成分を配合した育毛剤はある?

 

わかめを成分として配合している育毛剤は見当たりません。わかめの育毛効果については科学的に根拠がないので、育毛剤に配合する意味がないからでしょう。

 

しかし、わかめ以外の海藻成分を含んだ育毛剤はあります。いくつかその中からおすすめの商品を紹介しましょう。

 

 

 

薬用 フエルダン

 

薬用 フエルダン」は株式会社リム・サプライが販売している育毛剤で、海藻成分のフコイダンとその他の有効成分が発毛・育毛を促進します。

 

配合されているフコイダンはトンガ王国のミネラル豊富な海で育った天然もずくから抽出した高純度のものです。

 

フコイダンの作用は、紫外線から頭皮を守る、潤いを与える、炎症防止、抗アレルギーなど頭皮や髪に嬉しいことがいろいろ。毛乳頭細胞にも直接働きかけ、髪の生成を促進します。

 

「薬用 フエルダン」に使われているフコイダンは副作用も少なく、安全性と育毛効果も高く、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使っていただけます。育毛剤の副作用を心配している方でも大丈夫です。

 

フコイダン以外の有効成分としては、次のようなものを配合しています。

 

  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用があり、抜け毛を減らし、頭皮環境を改善
  • ニンジンエキス:抗酸化作用や殺菌作用があり、頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制し、頭皮環境の悪化を防ぐ
  • センブリエキス:炎症抑制・血行促進などの効果の他、毛母細胞を活性化して発毛に繋げる

 

「薬用 フエルダン」は少しとろみにあるテクスチャーで垂れにくく、ノズル付きで頭皮にしっかり届くようになっています。

 

「薬用 フエルダン」の価格は以下のようになっています。

 

リムショップ 8,800円
Amazon 6,140円
楽天市場 6,140円
Yahooショッピング 5,540円

 

※料金は全て税込です。

 

 

 

ルプルプ薬用育毛エッセンス

 

「薬用育毛エッセンス」という育毛剤は何種類かあるので、間違わないようにしていただきたいですが、ここで紹介するのはスタージュ株式会社が販売している「LPLP薬用育毛エッセンス」です。

 

同育毛剤の特徴は独自成分ルプルプWフコイダンと発毛・育毛を促す4つの有効成分を配合し、健やかな美髪を育むことです。

 

ルプルプWフコイダンというのは、カゴメ昆布から抽出した高分子と低分子化した2種類のフコイダンを組み合わせた、ルプルプ独自の保湿成分のことです。

 

高分子フコイダンが頭皮の表面をうるおいで満たしてやわらかく整え、低分子化フコイダンが毛穴の奥へ浸透して健やかな頭皮環境に導いて、有効成分の浸透をサポートします。

 

ルプルプWフコイダンの育毛原理は次のようになっています。

 

毛乳頭細胞でのFGF-7の産生促進⇒毛母細胞の増殖を促進⇒毛髪を伸張させる⇒退行期への移行を阻害し、成長期を維持する

 

4つの有効成分は以下のようなものです。

 

  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症成分
  • パントテニルエチルエーテル:毛母細胞増殖促進成分
  • セファランチン:血流促進成分
  • センブリエキス:血流促進成分

 

「LPLP薬用育毛エッセンス」の使い方は、乾いた髪に朝と夜に7プッシュずつします。これで頭皮表面が保護され、頭皮環境が整います。

 

同時に抜け毛を防ぎ、髪にハリとコシを与えます。最低6ヶ月は継続使用してください。

 

「LPLP薬用育毛エッセンス」の価格は以下のようになっています。

 

LPLP公式サイト 6,490円
Amazon 4,534円
楽天市場 6,490円
Yahooショッピング 6,490円

 

※価格は全て税込

 

 

 

アルガス

 

アルガス」は株式会社キーリーが販売する育毛剤です。2023年12月に商品のリニューアルならびに「イクオス」から「アルガス」へ名称を変更し、ブランドを刷新しています。

 

アルガスのこだわりポイントは4つあります。

 

  • 独自成分 アルガス-3配合
  • 浸透技術 TEN-DDS採用
  • 有効成分数業界最多
  • 育毛成分業界最多

 

アルガス-3というのは。配合されている海藻成分のことで、M-034、ペルベチアカナリクラタ、カゴメ昆布などです。成分濃度は2倍に進化し、頭皮環境を整える効果も大きくアップしました。

 

TEN-DDSは水溶成分を素早く浸透させる技術で、頭皮の隅々にまで成分を送り届けます。

 

有効成分は業界最多の次の5種類を配合しています。

 

  • センブリエキス:発毛促進・血流促進
  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症
  • 塩酸ジフェンヒドラミン:抗アレルギー・かゆみ止め
  • クジン抽出液
  • トコフェロール酢酸エステル:血流促進

 

頭皮の保湿・頭皮環境を整える成分は業界最多のなんと124種類も配合。贅沢な配合で育毛効果を高めます。

 

アルガスの価格は以下のようになっています。

 

アルガス公式サイト 定価:24,508円
毎月お届けコース:8,778円
集中ケアセット3ヶ月分:32,780円

 

※価格は全て税込

 

 

 

SUPER SAIYA

 

SUPER SAIYA」はWOW MEDICAL株式会社が販売する育毛剤です。髪と地肌にチカラを与えてくれる育毛剤になっています。特徴を挙げてみましょう。

 

まず高い保湿力で頭皮に潤いを与える海藻由来のスカルプ成分 M-034を配合しています。北海道ミツイコンブから抽出した成分で、含まれているミネラルが髪を健やかな状態にします。

 

頭皮の血行も促進し、毛母細胞を活性化し、育毛をサポート。

 

育毛・発毛を促進する成分は次の3つです。

 

  • 酢酸Dl-α-トコフェロール:血行を促進し、頭皮に栄養を行き渡らせる
  • グリチルリチン酸ジカリウム:炎症を抑え、頭皮を清潔に保つ
  • プロクトンオラミン:殺菌作用でふけ・かゆもを抑える

 

高保湿成分 コラーゲンも配合しています。吸水性が高く、保水力が良いサメ由来のコラーゲンです。

 

加齢やストレスなどによって硬くなった頭皮に潤いを与え、ハリつやのある健康的な頭皮と髪に導きます。

 

「SUPER SAIYA」は7つの無添加にもなっていて、頭皮や髪にも優しいです。

 

香料は不使用で、不快なニオイもありません。

 

「SUPER SAIYA」の価格は以下のようになっています。

 

Amazon 2,580円
楽天市場 2,800円
Yahooショッピング 2,600円

 

※価格は全て税込です

 

 

 

SAUVEUR 35

 

SAUVEUR 35」は天真堂が販売している育毛剤です。特徴は育毛有効成分と海藻成分の相乗効果によりボリュームとハリのある髪へ導くことです。

 

育毛有効成分は酢酸DL-α-トコフェロール、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムの3つです。

 

海藻成分は厳選の13種類で、コンブの全藻やモズク、スサビノリの全藻、ワカメの全藻、ヒジキ、トロロコンブ、ミツイシコンブ、リシリコンブ、ヒバマタ、ヒトエグサの全藻、コトジツノマタ、アスコフィルムノドスム、レソニアニグレスセンスです。

 

効果効能は育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛など。

 

頭皮や髪に悪影響がある次のような成分は含んでいません。

 

  • 合成香料
  • 合成着色料
  • アルコール
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

 

使い方はとても簡単です。適量を塗布して、マッサージするだけ。ニオイやべたつきもなく、誰でも使いやすいです。

 

海藻や海のミネラルが、活き活きとした毛髪環境を整えます。

 

「SAUVEUR 35」の価格は以下のようになっています。

ダイレクトテレショップ(サマンサという商品名で販売されています) 11,880円
天真堂公式サイト 要問い合わせ

 

※価格は税込です

※取り上げた商品の価格は2024年5月19日時点のものです。今後変わる可能性もあるので、購入するときは各サイトの価格欄を確かめてからにしてください。

 

わかめ成分含有の育毛剤というものはありませんでしたが、海藻成分を含んだ育毛剤はいろいろあります。

 

もちろん海藻成分だけ含有しているというわけではなく、他の成分との相乗効果で育毛を目指します。

 

ここで紹介した育毛剤の中にも優れた品質のものがあるようなので、よろしかったら使ってみてください。

 

 

さいごに|わかめだけで育毛は難しい!大切なのはバランスのよい食事

 

わかめに育毛に効果的な栄養素が入っていることは事実です。

 

ただ、わかめだけで発毛できるかといえば栄養素が十分に行き届かなかったり、そもそも栄養素が足りなかったりします。含有量そのものが多くありません。

 

そのため、今回紹介した栄養を一緒に取り入れることによって、発毛や抜け毛予防が叶うかもしれません。

 

また、原因を解消したうえで、サポートとしてわかめを取り入れることは良いかもしれませんね。最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 髪の毛を生やすためにわかめだけでは期待は薄い
  • ミネラルはサプリや食べ物で体外から補給する必要がある
  • フコダインとは食物繊維の一種でアミノ酸が多く含まれている栄養素
  • わかめに含まれるアルギニン酸は、それだけで育毛が期待できずサポートができるレベル
  • 発毛で大切なのはバランスのよい食事わかめ以外にも髪にいい海藻がある
  • 海藻成分を含んだ育毛剤もおすすめ

 

髪の毛を生やすためにわかめだけでは難しいことをしっかりと理解して、髪の毛のケアに活かせるようバランスのよい食事をきちんと摂りましょう。

 

海藻成分が含まれた質のいい育毛剤を使ってみるのもおすすめです。

 

 

Lixのインスタグラム

NEXT