合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

ビタミンは髪の毛に良い?育毛効果のあるビタミンの種類は?

  • 栄養素
  • 育毛
  • 食べ物
ビタミンは髪の毛に良い?育毛効果のあるビタミンの種類は?

発毛によい効果をもたらしてくれる栄養素にビタミンがありますが、さまざまな種類が存在します。

 

しかし、すべてのビタミンで発毛効果があるとは限りません。一般的には、ビタミンB2やビタミンB6に発毛効果がみられるといわれています。

 

本記事では、ビタミンの発毛効果をテーマに解説しています。種類や効果についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ビタミンとは?

ビタミンとは、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質を除く、その生物の体内で十分な量を合成できない有機化合物の総称です。

 

ビタミンは
●脂に溶けやすい脂溶性ビタミン
●水に溶けやすい水溶性ビタミン
に分類されていて、ヒトのビタミンは両方あわせて下表の13種類です。

 

脂溶性ビタミン

●ビタミンA

ビタミンD

ビタミンE

ビタミンK

水溶性ビタミン

ビタミンB群(B1: B2: B3: B5: B6: B7: B9: B12)

ビタミンC

 

 

 

育毛に効果的なビタミンの種類は?

13種類あるビタミンですが、すべてのビタミンに発毛効果があるということではありません。

 

発毛によい効果をもたらしてくれるといわれているビタミンは下表のとおり。

 

ビタミンB2

●皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞再生

細胞を傷つけ老化の進行の一要因とされる過酸化脂質を分解、消去する

ビタミンB6

免疫機能の維持

皮膚の抵抗力の増進

ビタミンC

体内の酸化還元反応に関係 

17型コラーゲンの生成

 

 

 

ビタミンB2

ビタミンB2には、皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあります。

 

頭皮に過剰な皮脂分泌が起こると抜け毛が増えるため、ビタミンB2の摂取は発毛に効果的といえるでしょう。

 

具体的には、ビタミンB2には細胞分裂を促進させる働きもあるため、ビタミンB2を摂取することで毛包幹細胞の分裂が促進して、発毛しやすくなります。

 

 

ビタミンB6

ビタミンB6が発毛効果に期待できる理由は、髪の主成分であるケラチンというタンパク質の生成をサポートする働きがあるため。

 

皮膚の抵抗力もアップするので、薄毛になりにくい頭皮を作るのに欠かせません。

 

 

ビタミンC

ビタミンCの発毛効果は、17型コラーゲンの生成が促進されるためです。

 

 

 

近年の研究で、髪をつくる毛包幹細胞は17型コラーゲンに支えられており、この17型コラーゲンが発毛に大きな影響を与えていることが判明してきました。

 

ちなみに、17型コラーゲンは体内のアミノ酸と結びつくことで生成されますが、それには体内のビタミンCが関係しています。

参考:アデランスの研究開発(株式会社アデランス)

 

 

 

おすすめ!発毛に効果的なビタミンを含む食べ物は?

ここでは、発毛に効果的な文部科学省が公表している「日本食品標準成分表」を参考に、ビタミンB2、B6、Cを多く含む食べ物について紹介します。

 

 

ビタミンB2を多く含む食べ物(100gあたり)

豚のレバー 3.6mg
牛のレバー 3mg
焼きのり 2.33mg
鳥のレバー 1.8mg
インスタントラーメン 1.67mg
キャビア 1.31mg

 

【男性の1日の摂取目安】1.6mg(18~49歳)/ 1.5mg(50~69歳)/ 1.3mg(70歳以上)
【女性の1日の摂取目安】1.2mg(18~49歳)/ 1.1mg(50歳以上)

 

 

ビタミンB2は、魚介類、肉類、藻類、豆類、乳類、卵類、野菜類、種実類などに多く含まれています。

 

特にレバーはビタミンB2だけじゃなく、ビタミン類が豊富に含まれておりますのでおすすめです。

 

ビタミンB2の含有量一覧表」で各種データが見れます。

 

 

ビタミンB6を多く含む食べ物(100gあたり)

とうがらし 3.8mg
にんにく 1.5mg
ピスタチオ 1.22mg
マッシュポテト 1.01mg
抹茶 0.96mg
まぐろ 0.94mg

 

【男性の1日の摂取目安】1.4mg
【女性の1日の摂取目安】1.2mg

 

上記の表では唐辛子が一番多く含まれておりますが、現実的に唐辛子だけを食べるというのは厳しいので、比較的摂取が簡単な食材でいうとレバーやマグロ等が多く含まれています。

 

また、バナナやさつまいも、玄米なども比較的多くのビタミンB6が含まれています。

 

ビタミンB6の含有量一覧表」で各種データが見れます。

 

 

ビタミンCを多く含む食べ物(100gあたり)

焼きのり 210mg
ピーマン 170mg
ゆず(果皮) 150mg
アセロラ 150mg
パセリ 120mg
芽きゃべつ 110mg
レモン 100mg

 

【男性の1日の摂取目安】100mg
【女性の1日の摂取目安】100mg

 

ビタミンCはレモン、キウイ、キャベツ、ピーマン、ブロッコリーといった野菜や果物に多く含まれています。

 

 

 

意外に「焼きのり」にも210mg含まれております。

 

ビタミンCの含有量一覧表」で各種データが見れます。

 

 

発毛×ビタミンに関するQ&A

ここでは、発毛効果を得るためのビタミンの摂取の仕方をQ&Aで紹介します。

 

 

Q)効率よくビタミンを摂取する方法は食べ物以外にもありますか?

発毛によい効果のあるビタミンを多く含んだ食べ物は数多くあります。

 

しかし、ビタミンB2、B6、Cのどれも水溶性のため、水に長くさらすとビタミンが失われてしまいます。そのため、調理法に細心の注意が必要です。

 

食べ物以外に効率よくビタミンを摂取する方法ですが、サプリメントがおすすめです。

 

 

 

 

Q)ビタミンの種類によっても発毛効果は違うのですか?

ビタミンの種類によって、発毛効果が異なります。発毛によい効果があるといわれているビタミンBでも、B2とB6で発毛へのアプローチ方法が違います。

 

発毛の悩みにマッチした対策をしたいなら、ビタミンから得られる効果を理解して摂取するようにしましょう。

 

 

さいごに|ビタミンを効率よく摂取して発毛させよう!

ビタミンのなかでも、発毛効果が期待できる種類は、ビタミンB2、B6、Cの3種類です。

 

これらのビタミンは、食品からでも摂取できますし、サプリメントならより効率的に摂取できるでしょう。

 

過剰摂取に注意しながら、発毛対策に取り組んでください。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • すべてのビタミンで発毛効果があるとは限らない
  • ビタミンB2やビタミンB6に発毛効果がみられる
  • ビタミンB2を摂取することで毛包幹細胞の分裂が促進して、発毛しやすくなる
  • ビタミンB6は、髪の主成分であるケラチンというタンパク質の生成をサポートする働きがある
  • ビタミンCの発毛効果は、17型コラーゲンの生成促進
  • 発毛効果を得るためには、効率よくビタミンを摂取する必要がある
  • ビタミンの摂取は、サプリメントもおすすめ

 

本記事が、発毛に効果的なビタミンについて、詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。