合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

育毛剤の選び方は?育毛剤の効果を倍増させる裏技も紹介!

  • 成分
  • 育毛剤・発毛剤
育毛剤の選び方は?育毛剤の効果を倍増させる裏技も紹介!

育毛剤の選び方は?

 

ここでは育毛剤の選び方をレクチャーさせていただきます。

 

 

育毛剤だけで生やしたいなら「ミノキシジル」

やはり、発毛育毛界の王様と言ったらミノキシジルです。

 

唯一の発毛剤と言われている程の効果があります。

 

ただし、それは内服薬で外用薬(育毛剤)は効果が劣りますし、副作用もありますので、一長一短かなと思います。

 

超メジャーな成分なので、詳しくは「ミノキシジルの発毛効果とは?実体験を元に育毛メーカーが解説!」をご覧ください。

 

 

「○○○シル」「○○キャピル」と名前の付く成分が入っている

 先ほどのミノキシジルは効果が高いが副作用が心配です。

 

しかし、ミノキシジルと同等な効果なのに副作用が無いという成分もいくつか登場しています。

 

それが以下の成分です。

 

ミノキシジルと同等以上なのに副作用が無い成分

キャピキシル

プロキャピル

ピディオキシジル

バイキャピル

リデンシル

 

特に注目なのが「キャピキシル」で、ミノキシジルの3倍の効果と言われており、効果のあると言われている育毛剤には高確率で含まれております。

 

 

 ○○エキスも補助的な役割で効果有り

成分で育毛剤を選ぶ方はメジャーなところが含まれているかを重要視しがちですが、草やフルーツ系のエキスも保湿効果や抗炎症作用があったりと、重要な役割をします。

 

良く耳にする素材だから舐めがちですが、しっかりと勉強をすれば良い成分はたくさんあります。

 

関連記事

 

 

逆に選んではいけない高確率で失敗する育毛剤は?

 

ここでは逆に高確率で失敗する育毛剤の特徴をお伝えします。

 

 

ニュアンス的にめちゃくちゃ浸透する様な書き方をする育毛剤

後ほど詳しく説明しますが、育毛剤をただ塗布するだけでは浸透して欲しいところに浸透しません。

 

そのため、そもそもの最低限の理論すら伴っていないメーカーと判断が出来るので、失敗する確率が高いです。

 

 

幹細胞をメイン成分として誇大広告する育毛剤

IPS細胞がノーベル賞を取ってから、育毛剤業界にもヒト幹細胞というワードが流行しています。

 

所謂「幹細胞コスメ」というものですが、細胞という文字が医学っぽく訴求力として向いているので、育毛剤にも使われる事があります。

 

成長因子(グロスファクター)」という文字も使われがちです。

 

しかし、幹細胞は非常に脆い成分で通常2週間程で効果がなくなってしまいます。

 

私が知る限りでは最低1万円以上する様な育毛剤でないと、採算的に超赤字になってしまいますので、1万円未満の幹細胞育毛剤は嘘と思ってください。

 

関連記事

 

 

そもそも育毛剤は効かない

 

以前にもコラムで書きましたが、育毛剤や発毛剤という類のものは基本的には効きません。

 

何もこれは成分が悪いとか話ではなく、人体の構造上の問題だからです。

 

皆さんも一度は効いた事ある言葉として「角質層」があると思います。

 

実はこの角質層というのが、育毛成分をブロックする役割を持っているのです。

 

仮に角質層が有効成分を通してしまう様なガバガバのものだったら、毒素も一緒に取り入れてしまう訳で、ただ単に塗布して浸透しました!なんていうのは理論的におかしいです。

 

さらに言えば毛穴も面積が小さい事から、薬物の寄与効果はほとんどないと言われています。

 

これは薬剤師国家試験にも出題される基礎中の基礎問題です。

 

なので、試験管上でどんだけ良い結果を残した成分でも、体感として良くて30分の1ぐらいの効果しかありません

 

 

育毛剤の効果をすぐに倍増させる方法2選

 

ここでは育毛剤の効果をすぐに倍増させる方法をお伝えします。

 

 

エレクトロポレーションを使う

まず一番目はエレクトロポレーションを使う事です。

 

エレクトロポレーションは電気の力を利用し必要成分を奥まで浸透させる技術です。

 

別名「電気穿孔法(でんきせんこうほう)」「ノーニードルメソセラピー」と言い、電気パルスで細胞膜を広げて、基底層や真皮層まで成分を安定してトランスフェクションさせる事が出来ます。

 

トランスフェクションとは、ウイルス感染以外の方法で核酸(DNA または RNA)を人工的に細胞に導入するプロセスです。
引用:トランスフェクション入門

 

痛みや副作用はなく、体感としては本当に広がっているのか分かりません。

 

空けた穴も30分程で閉じてしまいますので、問題ないでしょう。

 

家庭用で3万円ぐらいで買えます。

 

業務用でも10万円ぐらいで買えたりするものもありますので、育毛対策に行き詰っていたら試して見るのもありだと思います。

 

 

スポンジア(スピキュール)を育毛剤に混ぜる

スポンジア(スピキュール)は、海中の岩や砂などに生息する海綿動物から抽出された細胞針の総称のことです

 

目には見えない極小針の様な形をしております。

 

このスポンジアが有効な理由が2つあります。

 

 

針が刺さった事による自己再生力

ハリを使った治療でいうと注射が一般的だと思います。

 

しかし、美容的な治療でいえばダーマローラーやダーマペンといった手法もクリニックで取り入れられています。

 

これらは針で皮膚をあえて傷つける事により、自己修復の力で肌を綺麗にする手法です。

 

今大人気のyoutuberのヒカルさんは昔肌が汚かったが、クリニックでダーマペンを使った施術をしたら治ったと動画上で言っておりました。

 

 

針で刺す事により有効成分がバリア機能を突き破る 

先ほど書いた様に角質層がバリア機能の役割をしている為、通常であれば成分は浸透しません。

 

しかし、物理的に穴をあけるスポンジアはバリア機能を突き破る事が出来るのです。

 

極小針なので、深いところまでは刺さらないのでダーマペン程の効力はないものの、発毛サロンでもスピキュールを使った施術を取り入れているところは多いので、お手軽に発毛サロンクオリティの薬剤が作れます。