合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

プロキャピルの育毛効果は?副作用はあるの?

  • 成分
ミノキシジル似た副作用のない成分「ピディオキシジル」「プロキャピル」「キャピキシル」「バイキャピル」

プロキャピルの発毛育毛効果に注目が集まっています。

 

本記事では、プロキャピルで本当に発毛対策できるのか、また副作用についても解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

プロキャピルとは?

 

スキンケアに効果のあるユニークな生物由来の機能性アクティブ原料を日夜開発しているSederma

 

フランスのヘルスケアメーカーで、そのSedermaが開発した成分がプロキャピルです。

 

ただし、ミノキジルのような単体の成分ではなく、下記の材料・成分を合成して生成されています。

 

プロキャピルの成分
◇BG(ブチレングリコール)

PPG-26ブテス-26
PEG-40水添ヒマシ油
アピゲニン
オレアノール酸
ビオチノイルトリペプチド-1

     

     

    BG(ブチレングリコール)

    BG(ブチレングリコール)は、保湿効果とともに抗菌効果やそのほかの作用もある成分。化粧品の基本成分(基材)としてよく使われています。

     

     

    PPG-26ブテス-26

    PPG-26ブテス-26は香料・乳化剤。

     

     

    PEG-40水添ヒマシ油

    PEG-40水添ヒマシ油は界面活性剤で使用。

     

     

    アピゲニン

    発毛に関係する成分で「抗炎症」「抗酸化」といった作用が期待できる。

     

     

    オレアノール酸

    発毛に関係する成分で「抗炎症」「抗酸化」といった作用が期待できる。

     

    また、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す、5αリダクターゼを阻害する効果もあります。

     

     

    ビオチノイルトリペプチド-1

    ビオチノイルトリペプチド-1は「ビオチン」と「トリペプチドー1」の合成成分

     

    下記に、ビオチンとトリペプチドー1の特徴をまとめました。

     

    【ビオチン】エネルギーを作り出す手助け効果、頭皮の健康状態の維持、ケラチンの生成
    【トリペプチドー1】皮膚の線維芽細胞

       

      これらが合成されて、ビオチノイルトリペプチド-1に変性します。

       

      ビオチノイルトリペプチド-1は、上記の両方の特徴をあわせ持っているため、毛母細胞を活性化する働きがあるといわれています。

       

      プロキャピルには、これらの育毛効果が期待できる成分が含まれていることから、効果的な対策が可能だといえます。

       

       

      プロキャピルで育毛対策!その効果と副作用について解説!

       

      育毛発毛対策が可能なプロキャピル。ところで、プロキャピルを使用することで、具体的にはどんな育毛対策が期待できるのでしょうか。

        

      ここでは、プロキャピルにどんな発毛効果が期待できるのか、また副作用についても解説しています。

       

       

      プロキャピルの発毛効果とは?

      前述したように、プロキャピルには、下記の成分から発毛効果を得ることができます。

       

      ◇アピゲニン
      オレアノール酸
      ビオチノイルトリペプチド-1

         

         

        育毛対策で重要な抗炎症・抗酸化作用・毛母細胞の活性化という要素が含まれていますので、理想的な役割をしていると言えます。

         

        よく言われているのが、ミノキシジルと同等の効果なのに副作用が無いという事です。

         

        同じ様な事を言われている成分として「ピディオキシジル」「キャピキシル」等もミノキシジルの上位互換と言われています。 

         

        ○○キャピルと名が付く成分は、育毛に効果的という風潮がありますが、それはあながち間違いではありません。

         

        関連記事

         

         

        プロキャピルの副作用は?

        高い育毛発毛効果が期待できる成分のなかには、使用時に副作用のリスクが含まれるものも少なくありません。

         

        プロキャピルも高い効果が期待できる成分のため、使用時に副作用のリスクがありそうですが、今のところ副作用が出たとの報告はみられません。

         

        プロキャピルに副作用がない理由としては、下記のような内容が挙げられます。

         

        ●医薬品成分ではないため
        ●オレアノール酸とアピゲニンは天然成分由来であるため

           

          また、プロキャピルと比較されやすいミノキシジルとデュタステリドの副作用を下表にまとめました。

           

          ミノキシジル

          ◇初期脱毛
          皮膚炎
          頭皮のかぶれ
          赤み
          手、足、顔のしびれや痛み
          心疾患
          肝機能障害
          動悸
          息切れ
          頭痛
          めまい

          デュタステリド
            男性機能の低下
            性欲減退
            乳房障害
            肝機能障害
            気力の低下
            うつ症状
            蕁麻疹

               

               

              さいごに|プロキャピルで発毛対策しよう!

               

              発毛効果は高いのに副作用の心配のないプロキャピル。発毛効果としては、ミノキシジルやデュタステリドなどの成分と比較されやすいです。

               

              また、プロキャピルを配合した発毛剤や育毛剤は通販で販売されており、身近で購入することが可能。

               

              薄毛対策にもおすすめですので、頭皮の悩みを抱えている方は、ぜひ通販で探してみてはいかがでしょうか。

               

              この機会に、ぜひプロキャピルを活用した発毛対策に取り組んでみてください。