10,000円以上の購入で送料無料です。一部の商品ページは広告となっています。

スカルプコラム

テストステロン(男性ホルモン)が多いと薄毛になる?AGAとの関係を解説!

  • AGA
テストステロン(男性ホルモン)が多いと薄毛になるの?

今回はテストステロンがもたらす影響について、詳しく知りたい男性に必見です。

 

薄毛や抜け毛といった悩みを抱える男性の多くは、外見を気にするため「どうにかしないと・・・」と考えますよね。

 

薄毛という症状は、成人男性のおよそ30%に現れるといわれています。

 

本記事では、薄毛や発毛対策の基本や対処法を知り、少しでも長く・若々しく発毛させるためにもテストステロンと発毛との関係性について解説しています。

 

ぜひとも知識として取り入れていただき、今後の発毛対策にお役立てください。

 

 

テストステロンとは?

 

テストステロンとは男性ホルモンの1種であり、男性の場合、約95%が睾丸(精巣)で生成されます。

 

また、残る5%が副腎で合成・分泌されているといわれています。

 

その役割は、下記のとおり。

 

■筋肉の量を増やしたり筋肥大させたりする造血作用
■集中力やリスクを判断をするなどの精神機能
■体毛の増加

 

また、ドーパミンを生産することで意欲・学習能力・記憶力の向上、さらには疲労感の減少などの効果もあるため、心身の健康を維持するためにも必要不可欠な物質。

 

このように、テストステロンは男性にとって非常に大事な物質になるのですが、20代をピークとして加齢とともに減少していきます。

 

 

テストステロンとAGAの関係

 

意識してたいのは、テストステロンよりも「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる悪玉ホルモンです。

 

次の式のように、テストステロンを元に作られるホルモンとなっており、髪の毛の成長を阻害します。

 

「ジヒドロテストステロン = テストステロン + 5αリダクターゼ(還元酵素)

 

 

ジヒドロテストステロンが生成されてしまうと、発毛サイクルに悪影響を及ぼし髪が健やかに育つ「成長期」が短くなってしまい、1本1本の生涯が短縮されてしまいます。

 

つまり、本来であれば2~6年とされる髪の成長期がわずか数ヶ月となってしまうため、せっかく発毛された髪の毛が完全には成長できず抜け毛や薄毛の原因になるということ。

 

 

これがいわゆる「男性型脱毛症(AGA)」の症状です。

 

一般的には「男性ホルモンが多いとAGAになる」と言われておりますが、実はこれは関係ありません。

 

AGAの原因は「5αリダクターゼの活発化」「アンドロゲンレセプターの多さ」が本当の原因で、男性ホルモンは多くても関係がありません

 

因果関係としても20代でピークを迎え、30代で徐々に減っていく男性ホルモンが原因なら、AGAは20代で発症し30代で治っていくのが道理です。

 

ただ、男性ホルモン量よりも女性ホルモン量(エストロゲン量)の方が優位になるとAGAの改善がみられるのは確かなので、男性ホルモンが全く関係ないという事ではありません。

 

関連記事

 

 

テストステロンの減少は薄毛の原因!おすすめの育毛対策は?

 

ここでは、テストステロンの減少を引き起こす原因に対する発毛対策について解説しています。

 

どれもすぐに実践できるものを紹介していますので、発毛に繋がるよい習慣を身につけましょう。

 

 

 

喫煙は控える

近年増えつつある電子タバコについては、まだ具体的な発毛への影響が分かっていません。

 

しかし、従来型である火をつけて吸引する紙巻タバコは、テストステロンの分泌抑制から発毛に悪影響を及ぼすといわれています。

 

そのため、テストステロンを正常に保ち発毛を促進させるためにも、禁煙をおすすめします。

 

 

 

過度のアルコール摂取を控える

過度のアルコールは、男性ホルモンを作りだしてくれる大事な睾丸にダメージを与えることになり、テストステロンの分泌量を低下させます。

 

ビールなら500ml、日本酒なら1合を目安にするとよいでしょう。

 

 

 

食生活の見直し

髪の毛の99%は、「ケラチン」と呼ばれるタンパク質の1種で構成されています。

 

発毛におすすめの栄養素としては、「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛(ミネラル)」の3つ。

 

■牡蠣
ナッツ
鶏肉
納豆

緑黄色野菜(ニンジン・ほうれん草・カボチャ・ピーマンなど)
海藻類(わかめ・昆布など)

 

これらは、発毛に効果的な食材ですので参考にしてください。

 

 

AGAが進行してしまった場合は専門施設で治療をする

 

日常的なケアを行なっているにも関わらず、テストステロンによる薄毛の症状が現れてしまった場合は、できるだけ早く専門的な治療を受けましょう。

 

 

 

AGAクリニック

AGAの治療ができる医療機関は、大きく分けて皮膚科と薄毛治療専門クリニックの2つ

 

皮膚科は、一般的に脱毛を食い止める治療を実施。

 

一方で、薄毛治療専門クリニックでは、脱毛を食い止めつつ発毛を促し髪の量を増やすといった積極的な治療を行います。

 

 

 

治療内容の選択

AGAといっても、人によって症状の現れる部位や進行状況は異なります。

 

そのため、薬の処方だけでなく、一人ひとりに合った治療を行うことが重要。

 

頭皮に直接注射(メソセラピー)をして発毛を促進させる治療法や、植毛するために頭皮を切る場合と切らない場合もあり、これらを実施しているクリニックは限られるでしょう。

 

自分が望む治療法を行っているクリニックなのか、事前に確認しておいてください。

 

 

 

費用

AGA治療には保険が適用されません。

 

そのため、治療にかかる費用はそれなりに高額となる可能性が高いです。

 

特に、AGA治療薬は長期的となるため、なるべく安く提供してもらえるクリニックを選びましょう。

 

 

 

無料カウンセリングの活用

無料でカウンセリングを行っているクリニックも存在します。

 

おおまかな情報はネットで入手できるようになりましたが、雰囲気や相性など、実際に足を運んでみないと分からないこともたくさんあります。

 

実際のカウンセリングを受けてみて、自分に合うか合わないかを、肌で感じることも大切なポイントです。

 

 

 

発毛サロンで改善する

AGAの治療として発毛サロンでも改善する事が可能です。

 

クリニックの場合は「フィナステリド」「デュタステリド」「キシジル」を使った治療が主になってきますが、この場合効果が現れるのが速く確実性はあるものの、飲むのを止めた途端に元の状態よりもひどくなってしまいます

 

発毛サロンの場合は、根本改善をしているのでクリニックよりは長い時間がかかる可能性があるものの、副作用がなく発毛も持続的となります。

 

どちらも一長一短がありますので、これはお好みで良いかと思います。

 

 

さいごに|テストステロンの減少は発毛に悪影響!速やかに対処を!

 

ここまでご覧いただいたとおり、テストステロンは発毛に関して重要な要素です。

 

男性は女性よりもAGAを発症しやすい傾向がありますが、毎日の生活習慣を見直すことでテストステロンを調整でき、発毛へと繋げられます。

 

症状が深刻だと感じられる場合には、躊躇せずに医療機関を活用してください。

 

 

Lixのインスタグラム