合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

デュタステリドとは?AGAの原因の5αリダクターゼ「Ⅰ型」「Ⅱ型」を抑制!

  • AGA
  • 薄毛
デュタステリドとは?AGAの原因の5αリダクターゼ「Ⅰ型」「Ⅱ型」を抑制!

AGAの治療薬ってたくさんあって何を使えばよいか分からないという方もいることでしょう。

 

本記事では、そのお悩みを少しでも解決するため、AGAの治療薬「デュタステリド」について詳しく解説していきます。

 

「聞いたことあるけど、どんな治療薬?」

「ほかの治療薬と違うところは?」

「ほんとに薄毛の改善ができるの?」

「副作用が怖い」

 

これらの発毛に関する悩みをお持ちの方は、ぜひこの記事を読んでデュタステリドについて理解を深めましょう。

 

 

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、「予防・守りの薬」と呼ばれ、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉ホルモンの産生を抑える薬です。

 

このデュタステリドを使ったAGA治療薬としては「ザガーロ」が有名です。

 

AGAを引き起こすDHTですが、男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合することによって産生されるのはご存じでしょうか。

 

デュタステリドは、このメカニズムの中でも5α還元酵素に働きかけることによってDHTの生成を抑制します

 

5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」があり、デュタステリドはその両方の型に働きかける効果がある、ということで注目を集めているのです。

 

主な効果は「AGAの改善」であり、国内外の臨床試験の結果から「脱毛箇所に太く、長い毛の本数が増えている」という発毛効果も認められています。

 

 

その他の治療薬との違い

その他の治療薬として、AGAでよく使用される治療薬は以下の2つです。

 

  • フィナステリド
  • ミノキシジル

 

それぞれ、何が違うのか詳しくみていきましょう。

 

 

フィナステリド

フィナステリドとは、デュタステリドと同じく「予防・守りの薬」と呼ばれており、5α還元酵素に働きかけることでDHTの産生を抑える効果があります。

 

このフィナステリドを使ったAGA治療薬として「プロペシア」が有名です。

 

もっとも大きな違いは、働きかけることができる5α還元酵素の種類でしょう。

 

デュタステリドが「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の両方に働きかけることができるのに対し、フィナステリドは「Ⅱ型」だけに働きかけます

 

働きかけることができる範囲が広いことから、デュタステリドのほうがよりAGAに効果があると考えられているようです。

 

また、デュタステリドの効果が「AGAの改善」なのに対し、フィナステリドの効果は「AGAの進行抑制」です。

 

AGAの進行を抑える効果はありますが、発毛を促すなどの効果は弱いため、薄毛を改善するにはほかの方法を取り入れる必要がありそうですね。

 

 

ミノキシジル

ミノキシジルとは、「発毛・攻めの薬」と呼ばれ、髪の毛を生み出す毛母細胞の分裂を促すことで、発毛を促進させる治療薬です。

 

もとは高血圧の人の血圧を下げるために開発された薬ですが、「多毛症」という副作用があることから、薄毛の治療薬として使用されるようになりました。

 

血行をよくする効果もあることから、頭皮への血流を促して毛母細胞に栄養をしっかり運べるようになり、髪が成長しやすくなるともいわれています。

 

デュタステリドやフィナステリドでDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛を促進するといった併用をすることが多いようです。

 

 

発毛効果あり!デュタステリドに副作用はある?

デュタステリドには発現率が低いものも合わせて、以下のような副作用が確認されています。

 

  • 性機能不全
  • 乳房の女性化や痛みなどの乳房の症状
  • 肝機能障害
  • その他(むくみやめまい、発疹、頭痛、抑うつ)

 

もっとも多く報告されているのは、性欲の減退や勃起不全、射精障害といった性機能不全です。

 

これら性機能不全や乳房の症状は、5αリダクターゼに働きかけて男性ホルモンに作用し、ホルモンバランスが崩れることが原因と考えられています。

 

子どもを望まれている場合などは、服用のタイミングなどにも注意する必要がありそうですね。

 

また、肝臓への負担も懸念されます。肝臓には薬を吸収する機能があり、薬による肝臓へのダメージが大きいと肝機能障害につながる恐れがあるのです。

 

副作用以外にも注意すべき点があります。

 

それは、女性や子どもには効果がないということです。

 

それどころか妊娠中の女性が服用してしまうと、胎児の成長に悪影響が出る恐れがあります。

 

皮膚を通しても吸収されますので、妊娠中の女性がいるご家庭で服用されるときは触れることがないよう、置き場所などの管理にも注意が必要です。

 

 

さいごに|デュタステリドで発毛対策!治療について医師に相談しよう!

今回は、デュタステリドの発毛効果について、詳しく解説してきました。

 

AGA治療において、デュタステリドはとても効果がありそうですね。

 

しかし、円形脱毛症などの病気や生活習慣の乱れによる薄毛など、AGA以外にも様々な薄毛の原因があり、原因や症状によって使用する治療薬なども違います。

 

薄毛治療は、正しい治療を続けることがいちばんの近道です。

 

AGA治療薬は効果が高いというプラスの影響だけでなく、さまざまな副作用もありますので、安全・効果的に治療するために、まずは専門の医師に相談しましょう。