合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

もしかして手遅れ?発毛を諦める前に考えるべきポイントを解説!

「まだ間に合うの?手遅れになるのはどういう状態なの?」

 

薄毛や発毛に関して、以上のような悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。頭皮があらわになることで、結婚や出世にいまいち踏み込めないなど、人生の展開にも影響が出ることもあるでしょう。

 

薄毛や発毛が原因のさまざまな悩みが解消されると、大きな自信に繋がると考えている方に必見です。

 

本記事では、薄毛や発毛対策にお悩みの方に向けて、手遅れになるのはどういう状態なのかを解説しながら、薄毛の意外な脱出ポイントについても紹介しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

発毛における手遅れになるのはどういう状態?

発毛における手遅れになるのはどういう状態?

 

まず、発毛において手遅れになるのはどういう状態のことなのでしょうか。それには2つのパターンあります。

 

  • 毛母細胞および毛根の死滅
  • 毛穴の消滅

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

毛母細胞および毛根の死滅

1つ目の、発毛における手遅れの状態というのは毛母細胞と毛根そのものがなくなる、つまり「死滅」してしまうこと。

コラム:毛母細胞とは?発毛の仕組みや構造・役割などについて解説!

 

薄毛に悩む方の多くは毛母細胞の数が減り、毛根が死滅してしまうことで、頭皮から生える毛髪自体が減ってしまっているのです。

 

また、毛母細胞の数は十分であっても頭皮に栄養が回らないことで毛根が死滅してしまい、発毛が手遅れになってしまった状態の場合もあります。

 

 

毛穴の消滅

2つ目の手遅れになってしまった状態というのは、毛穴がなくなってしまっていることです。

 

毛母細胞は生きているものの、その働きがかなり弱くなってしまった場合は毛穴がなくなってしまうことがあります。

 

毛穴がないということは、産毛でさえも生えるスペースがないということ。この状態で、育毛剤や発毛剤を使用してもまったく意味がないのです。

コラム:【発毛サロン監修】本当に効く育毛発毛成分を紹介!サプリメント選びの決定版

 

薄毛や発毛に悩んでる方は、毛穴がなくなる前に対策を講じる必要があるでしょう。

 

 

 

手遅れの状態になる前に!発毛を諦める前に考えるべきポイントとは?

手遅れの状態になる前に!発毛を諦める前に考えるべきポイントとは?

 

では、毛根が死滅し、毛穴がなくなってしまう前に何をしたらよいのでしょうか。

 

前述した、手遅れになるのはどういう状態なのかをきちんと理解したうえで対策を行う必要があります。

 

具体的なポイントは以下のとおりです。

 

  • 毛母細胞の新陳代謝の活性化と頭皮ケア
  • 早期診断で正しい治療

 

詳しくみていきましょう。

 

 

毛母細胞の活性化と頭皮ケア

まずは、細胞を活性化させることです。

 

具体的な近道は、オーガニック、無添加のたんぱく質を摂取すること。

 

たんぱく質は、身体の脳・腸・筋肉・内臓・血液・骨、そして皮膚、髪など、身体の細胞を作る材料です。

 

成人男性に1日に必要なたんぱく質の量は50g程度であり、3~6か月程度摂取すると毛母細胞の新陳代謝が活性化し、再び太く長い髪の毛を取り戻すことができます。

 

そして毛母細胞の活性化を発毛につなげるために、頭皮ケアを徹底しましょう。毛根が死滅しないために、シャンプー・リンス選びにも気をつけることが必要です。

コラム:市販のシャンプーはハゲる?発毛する界面活性剤の種類と選び方!

 

数えきれないくらいの種類のシャンプーがスーパーやドラッグストアに並んでいますが、注意していただきたいのが、安物のシャンプーやリンス。

 

これらは泡立ちが良いものが多く、アルコール分や頭皮の油分を必要以上に洗い流してしまうため、頭皮が乾燥してしまいます。

 

頭皮の乾燥は、頭皮環境を悪化させて毛根の死滅につながるので注意しましょう。

 

 

早期診断で正しい治療!手遅れか自身で見極めるのは難しい

発毛が手遅れになるのはどういう状態か、その見極めを自身で行うことは難しいです。

 

また、ご自身で「もう手遅れ!」と思っていても、実は薄毛が残っていて再生可能な場合もあります。

 

薄毛対策を自分でできないようでしたら、早めにプロに発毛治療を求めましょう。

 

早期発見・早期治療を行うことで、手遅れになるのを防ぐことができます。AGA治療を行っている皮膚科や発毛サロンで、ぜひ相談してみてください。

 

 

 

さいごに|発毛が手遅れになるのはどういう状態か理解して対策しよう!

さいごに|発毛が手遅れになるのはどういう状態か理解して対策しよう!

 

今回は、発毛が手遅れになるのはどういう状態なのかを紹介しました。

 

毛根の死滅だけでなく、毛穴がなくなってしまうことがあるのは驚いた方もいるのではないでしょうか。

 

薄毛や発毛対策において、自身の毛根や頭皮はどのような状態であるのかを正しく把握することはとても大切です。

 

自身の状態をしっかりと理解し、最適なケアで発毛に繋げましょう。

 

最後に、本記事のポイントを改めてご紹介します。

 

  • 毛母細胞の新陳代謝が落ちる、または毛根の死滅が薄毛につながる
  • 毛母細胞の活性化と頭皮ケアが、発毛に有効
  • 薄毛や発毛対策が自身で難しい場合は、早めにプロに相談する

 

以上の3つの基本をもとに、発毛対策に活かしてください。