10,000円以上の購入で送料無料です。一部の商品ページは広告となっています。

スカルプコラム

体毛の濃い人は薄毛になる?AGAとの関係性を解説!

  • 噂話
体毛の濃い人は薄毛になる?AGAとの関係性を解説!

若い男性を始め、体毛について悩んでいる方もいることでしょう。

 

一昔前と比べて世間の体毛へのイメージが変わりつつあり、「体毛が濃い=薄毛になる」ともいわれていることから、ますます気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、本当に体毛の濃い人は剥げる傾向にあるのか?また、発毛との関係性について解説しています。また、その対策法も紹介しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

体毛が濃い人は薄毛になる?

 

実は体毛が濃い=薄毛というのは因果関係があまりありません

 

というのも体毛の濃さはテストステロン(男性ホルモン)の多さに関わってきますが、20代をピークにどんどん減少していきますので、30代40代で多くなる薄毛はあまりリンクしないのですね。

 

ただし、世間一般で語り継がれている通り、体感として何かしらは関わっているというのは、発毛サロンを運営している中で実感しています。

 

 

体毛が濃いのは「テストステロン」が多いから?

 

テストステロンとは、男性の心身のエネルギーや機能を支える男性ホルモンの1種。

 

その9割以上が睾丸と、少なからず副賢(腎臓の上にある小さな臓器、体内環境を常に整えるホルモンを作る)から合成、分泌されています。

 

副腎は、左右の腎臓の上にある臓器です。 副腎皮質 ホルモンやカテコラミンと呼ばれる、生命や血圧を維 持するために欠かせない、重要なホルモンを分泌して いる大切な臓器です。
引用:副腎に腫瘍がある といわれたら - 芳珠記念病院

 

この男性ホルモンが分泌されることで、「毛乳頭」という発毛の軸となる機能がより活発になるため、本来作られる体毛よりも濃く太くなってしまうのです。

 

 

どこの毛が濃くなりやすい?

体毛が濃くなる原因は幾つか考えられますが、個人が生まれ持つ遺伝子体質や生活習慣によって大きく変わっていきます。

 

それぞれの直径の長さや成長速度については部位ごとに違いますが、濃さに関しては「共通してここが濃くなりやすい!」というのは言い難いです。

 

 

テストステロンは増やさない方がよい?

体毛の濃さを気にされる方にとっては悩みの種となりますが、テストステロンは男性にとっても生きていくうえで重要な役割を担っています。

 

具体的な機能としては、下記の4つが挙げられます。

 

■筋肉の量と質を高め、成長を促す
体力、気力共に向上する
男性の生殖機能、性欲の維持
良質な睡眠、良質な精神状態の維持

     

    逆に、減ってしまえばこれらの機能も低下し、悪循環が生じてしまいます。

     

     

    薄毛の原因はジヒドロテストステロン!

     

    ジヒドロテストステロン(DHT)とは、先ほど紹介したテストステロンが「5aリダクターゼ」という酵素と結合することで生まれる男性ホルモンのこと。

     

    男性ホルモンが多過ぎるとDHTが増えると、発毛機能が低下してしまいます。

     

    所謂これがAGA(男性型脱毛症)というもので、「男性ホルモンが多そうだな」という人はAGAになる確率も高いと感じます。

     

    ただし、男性ホルモンが多くても、5αリダクターゼを抑制すればDHTは生成されませんので、いくらでもやりようはあります。

     

     

    体毛が濃い人は念の為、生活習慣を整えよう!

     

    ここまで、発毛に深く関わり男性の主要ホルモンとなるテストステロンとDHTを紹介しました。

     

    体毛が濃いと薄毛は直接的に関連性が無いと言えるが、それでも実感としては薄毛が多いと感じる方も多いです。

     

    念の為、生活習慣を見直すことで薄毛になる確率を抑えることができます。

       

      それでは、詳しくみていきましょう。

       

       

      生活習慣を見直す

      生活習慣といっても、食生活や生活リズム、運動など要素はさまざまです。各要素について、順番にみていきましょう。

       

      関連記事

       

       

      食生活

      肉、魚、卵といった動物性たんぱく質、エビなどの甲殻類、インスタント食品などは、DHTを促す食材です。

       

      肉や魚は体作りや肌にとって重要な要素ですが、カロリーや脂質など摂り過ぎることで支障をきたすため、摂取量をあらかじめ考えておきましょう。

       

      その反面、女性ホルモンと同じ働きをする栄養素として亜鉛やイソフラボンはおすすめ。

       

      大豆やわかめなどの海藻類や食物繊維の多いホウレンソウ、パセリなどの野菜から摂取できます。

       

      関連記事

       

       

      生活リズム

      食事を摂る時間帯を同じにするなど、規則正しい生活を心掛けましょう。

       

      不規則な生活リズムは内臓に大きな負担となるうえ、男性ホルモン増加を促してしまいます。

       

      20代などまだ若いうちは自覚しにくいですが、ストレスは残り続けているため、加齢とともに深刻化してしまいがち。

       

      また、良質な睡眠をとることもホルモンバランスにおいて大切な要素です。

       

      体毛に限らず、心身の1番大きな支えとなるのは睡眠といわれています。自分にとって十分な時間の確保はもちろん、寝付きやすい睡眠環境を作ってみるのもよいですね。

       

       

      適度な運動

      適度な運動も、ホルモンバランスを維持し自律神経の乱れを抑えます。程よい疲れもたまるため、良質な睡眠にも繋がるでしょう。

       

       

      発毛サロンで治療する

      経済的には少し負担が大きくなってしまいますが、最短かつ最もお手軽なのは発毛サロンで治療を受けること。

       

      近年、体毛の濃さや薄さを気にする男性が増えており、それに対応した発毛サロンも増加傾向にあります。

       

      複数回に渡って通う場合もありますが、正しい専門知識や施術を受けることでより確実に理想の環境が揃うはず。発毛に関する悩みに応じてくれるためおすすめです。

       

       

      さいごに|「体毛が濃い=薄毛」はもう古い!発毛を諦めないで!

       

      体毛の濃さに悩んでいる方も、それが連鎖して薄毛に繋がることを未然に防ぐことができます。

       

      食事や睡眠、運動といった生活習慣や薬による治療などさまざまな方法を試しながら、改善に努めてみてください。

       

      最後に、本記事の内容をまとめます。

       

      ●世間では「体毛が濃い=薄毛になる」といわれている
      体毛の濃さは、主にホルモンバランスが関係している
      男性ホルモン(テストステロン)が分泌されることで、毛乳頭という発毛の軸となる機能がより活発になる
      DHT(ジヒドロテストステロン)が増えることによって発毛機能が低下してしまう
      心身の調子や日頃の生活習慣を見直すことで、DHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を抑えることができる

         

        本記事が、本当に体毛が濃い人は剥げる傾向にあるのか?また、発毛の関係性について知りたい方の参考になれば幸いです。