合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

アンドロゲンレセプター(受容体)とは?AGAとの関係性は?

  • 細胞
  • 薄毛
  • 頭皮
アンドロゲンレセプター(受容体)とは?AGAとの関係性は?

発毛抑制や薄毛には、さまざまな原因があります。なかでも、男性でもっとも多い薄毛の原因は「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症。

 

そんなAGAと深く関係しているのが、今回紹介する「アンドロゲンレセプター」です。

 

本記事では、アンドロゲンレセプターとは何なのか?また、発毛との関係性について詳しく解説します。

 

アンドロゲンレセプターの働きを知ることで、発毛へと繋げられるでしょう。

 

 

アンドロゲンレセプター(受容体)とAGAはどう関係している?

アンドロゲンレセプターと聞いても、どのようなものか想像もできませんよね。

 

AGAとの関係や発毛への影響などについて、気になる方もいることでしょう。

 

さっそく、アンドロゲンレセプターとは何なのか詳しくみていきましょう。

 

 

アンドロゲンレセプターとは?

頭皮には「毛包」と呼ばれる皮膚器官があります。

 

そして、毛包には、髪の毛を発毛する「毛母細胞」や栄養を毛母細胞に届ける「毛乳頭細胞」など、数多くの発毛に欠かせない細胞が集まっています。

 

アンドロゲンレセプターとは、毛乳頭細胞などにある「遺伝子」のこと

 

この遺伝子によって、AGA(男性型脱毛症)のリスクがあるかを知ることができます。

 

アンドロゲンレセプターを知るためには、AGAの発症原因について、知らなければいけません。

 

そもそも、AGAの発症原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」というホルモン。

 

DHTは「5αリダクターゼ」という酵素と、男性ホルモンの1つ「テストステロン」が結びつくことで産生されます。

 

さらにDHTとアンドロゲンレセプターと結びつくことで、毛母細胞の働きの抑制やヘアサイクルの乱れなどが起こり、発毛を阻害するのです。

 

そんなDHTを毛包と結びつける存在こそが、アンドロゲンレセプター。

 

アンドロゲンレセプターの感受性が高い方ほど、発毛の妨げとなるDHTと結びつきやすくなります。

 

 

アンドロゲンレセプターは遺伝する!

「AGAは遺伝する」という言葉を、聞いたことはありませんか?

 

なぜAGAが遺伝するといわれているのか、気になりますよね。

 

発毛抑制やAGAの遺伝と関係してくるのが、アンドロゲンレセプターの感受性。実は、アンドロゲンレセプターの感受性は遺伝します。

 

感受性の高さを決めるのは、遺伝子の「配列」。また、感受性が高い遺伝子の方が遺伝しやすいという性質があります。

 

「父親が薄毛だから、自分も薄毛になる」と考えたことはありませんか?

 

遺伝と聞くと、「両親から引き継いだものだから、親と一緒になる」と考えますよね。

 

しかし、アンドロゲンレセプター遺伝子の性質上、この感受性は「母親」から遺伝します。

 

なぜなら、アンドロゲンレセプターの感受性は、「X染色体」という母親が持つ遺伝子情報に含まれているため。

 

自分にその遺伝子があるかを知るためには、母方の家系を確認することで分かります。

 

 

アンドロゲンレセプターを検査して発毛に繋げたい!おすすめの検査方法は?

発毛するためには、アンドロゲンレセプターの感受性が高いかどうかを知る必要があります。では、どうやって知ることができるのでしょうか。

 

感受性を検査するには、

「発毛サロンやクリニックで検査する」
「検査キットで検査する」

 

 の2つの方法があります。

 

それぞれの特徴について、みていきましょう。

 

 

発毛サロンやクリニックで検査する

アンドロゲンレセプターの感受性は、発毛サロンやクリニックで検査できます。

 

AGAの治療方法を決めるために、事前に感受性の検査を行うことも少なくありません。

 

AGAを治療して発毛するためには、適切なアプローチが必要です。

 

検査をすることで、その人に合った適切な発毛治療を提案してもらうことができます。

 

また、AGAクリニック場合での検査方法は、主に血液検査。2mlほどの血液から、検査を行うことができます。

 

費用はクリニックによって違いがありますが、約20,000円が相場です。

 

 

検査キットを使って自宅で検査する

「本格的にAGA治療をするわけではないけれど、発毛対策のためにアンドロゲンレセプターの感受性が高いかどうか知りたい。」

 

という方もいることでしょう。

 

実は、アンドロゲンレセプターの感受性検査は、自宅でも行うことが可能。

 

 

自宅で行う場合に使用するのが、検査キット。自宅に届いた検査キットを使用して検体を採取し、採取した検体を郵送することで検査を行うことができます。

 

検査キットでは、主に口の中の粘膜や唾液をもちいて検査を行います。

 

検査キット費用は、約10,000円〜20,000円が相場。まずは、検査だけしたいという方におすすめです。

 

 

さいごに|アンドロゲンレセプターを理解して育毛対策しよう!

今回は、AGAとアンドロゲンレセプターとの関係性について解説してきました。

 

アンドロゲンレセプターは、AGAの発症原因であるDHTと結びつく働きがあります。

 

その結びつきやすさによって、自分がAGAを発症しやすいかを知ることができます。

 

しかし、アンドロゲンレセプターの感受性が高くても、かならずAGAが発症して発毛できなくなるというわけではありません。

 

また、遺伝子を変えることはできないため、直接的な発毛対策ではないのは事実。

 

しかし、感受性が高いと把握することで、自分に合った発毛治療を行うことができます。

 

ぜひ、アンドロゲンレセプターを理解して、発毛対策を行いましょう。