合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

ザガーロとは?プロペシアとの違いは?

  • AGA
  • 医療
  • 薄毛
ザガーロとは?プロペシアとの違いは?

「ザガーロを使ってみたいけど、本当に発毛に効果があるか分からない」

 

そう悩んでいませんか?

 

ザガーロは、2015年に登場したAGA治療薬です。人によっては効かないという声もあがっているため、なかなか判断が難しいところだと思います。

 

このページでは、そんな方のために以下のような情報をまとめました。

 

  • ザガーロとプロペシアの違い
  • 効果的な服用方法
  • 主な副作用

 

発毛させたいと考えている方は、ザガーロがどんな薬なのか知っておきましょう。

 

 

ザガーロとは?

 

ザガーロは、2015年から販売されているAGA治療薬です。

 

AGAの治療薬には、以前から使われているプロペシアという薬があります。

 

ザガーロは、デュタステリドという成分が作用することで、AGAの根本的な改善に効果があります。

 

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪性ホルモンによるもので、これを生み出しているのが5αリダクターゼという成分。

 

デュタステリドには、この5αリダクターゼを抑制する効果があります。

 

あくまでDHTの生成を抑制する薬なので、アトピーやストレスなどが原因による薄毛には効果がありません。

 

 

ザガーロとプロペシアとの違い

ザガーロ 5αリダクターゼのII型を抑制しAGAの進行を遅らせる
プロペシア  5αリダクターゼのⅠ型・II型を抑制しAGAを改善させる

 

ザガーロとプロペシアは、主に「効果範囲」「目的」が異なります。

 

脱毛の原因成分を増やす5αリダクターゼには、I型とII型が存在します。

 

プロペシアがII型のみに作用するのに対し、ザガーロはI型とII型の両方に作用するため、より高い発毛効果が期待できるのです。

 

服用目的も違っていて、プロペシアがAGAの進行を遅らせるのに対し、ザガーロはAGAそのものの改善を目的としています。

 

 

ザガーロの治療期間は?

ザガーロを服用しても効果が出ない。その原因は、途中で服用をやめてしまっている場合が多いです。

 

ザガーロは、効果が出るのに半年~1年ほどかかるいわれており、効き始めるまでにやめてしまう方がいます。

 

また、効果が出たとしてもその後も継続して使い続ける必要がありますが、発毛を実感してから自己判断でやめてしまう方が多いのも事実です。

 

医薬品なので一生飲み続けるというのは難しいので、どこかで飲むのを止めないと副作用の危険性が高まります。

 

 

ザガーロの効果的な飲み方

ザガーロの服用において大切なのは、24時間おきに飲むこと。

 

1日1回と勘違いして、毎日バラバラの時間に飲むと十分な効果が見込めなくなります。

 

例えば、朝起きてすぐに飲む、風呂上りに飲むなど、1日のなかで飲むタイミングを決めておくことが大切です。

 

ちなみに、食前食後などは関係ないため、好きな時間に設定することができます。

 

ザガーロの効果を実感するためにも、しっかり24時間おきに服用するようにしましょう。

 

 

ザガーロの副作用は?

ザガーロの副作用には、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 初期は抜け毛が増える
  • 肝機能が低下する
  • 性機能障害のリスクがある

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

初期は抜け毛が増える

ザガーロを服用してすぐは、抜け毛が増えることがあります。

 

これは、ザガーロがヘアサイクルを正常に戻すため。ヘアサイクルとは、髪の毛が生えて成長し、抜け落ちるまでのサイクルのことです。

 

AGAはこのヘアサイクルを乱れさせ、髪の毛の成長を妨げます。

 

ザガーロがこれを改善した際に、新たに健康な髪の毛を生やすため毛が抜け落ちるのです。

 

つまり、抜け毛が増えたとしても、それはザガーロの効果が出始めている証拠になります。

 

 

肝機能が低下

ザガーロを服用すると、肝機能が低下することがあります。

 

これはザガーロが肝臓で分解されているからで、健康な人がいきなり肝機能障害になる可能性は低いです。ただし、すでに肝機能に問題を抱えている人は、医師に相談しましょう。

 

 

性機能障害のリスクがある

ザガーロを服用すると、性機能に障害をきたすことがあります。

 

ザガーロには発毛を阻害する5αリダクターゼへの抑制効果がありますが、この効果が前立腺や陰茎にも影響を与えるのです。

 

具体的な症状としては、女性のように胸が膨らんでしまうケースや、勃起不全に陥ったりするケースが報告されています。

 

副作用が現れるのは100人に1人ほどですが、そういったリスクがあることは理解しておきましょう。

 

 

さいごに|発毛のためにザガーロを試したい方はクリニックへ!

ザガーロは、2015年に登場したAGAの治療薬です。プロペシアよりも効果範囲が広く、AGAそのものの改善を見込むことができます。

 

ただし、プロペシアもそうですが根本的な解決ではない為、薬を飲むの止めると元の薄毛に戻ってしまいます

 

効果が表れるまでは半年から1年ほど。また、服用の際には以下のような副作用の可能性があることに注意です。

 

  • 初期は抜け毛が増える
  • 肝機能が低下する
  • 性機能障害のリスクがある

 

使用を考えている人は、必ず最寄りのクリニックに相談し、適切な処方を受けるようにしましょう。