購入された商品の送料は全商品無料です。

スカルプコラム

育毛は若いうちからすべき?3つの理由と必要なヘアケアを解説!

  • 育毛
育毛は若いうちからすべき?3つの理由と必要なヘアケアを解説!

白髪や抜け毛、薄毛などの頭皮と髪のトラブルは、目立ち始めてからケアを行うことが一般的ではないでしょうか?

 

頭皮と髪に目立ったトラブルが少ない若い世代でも、早い段階で育毛に良いヘアケア・頭皮ケアをしておくと、将来的な面でも良いメリットを実感することができるんです。

 

今回は、育毛を若いうちから始めておくべき3つの理由と、若い世代にしておいてほしいヘアケアのポイントを解説。

 

若い世代ならではの丈夫で健やかな頭皮環境を長く維持し続けていくため、若いうちからの育毛の必要性をぜひ参考にしてくださいね。

 

 

育毛は若いうちからすべき!3つの理由を詳しく解説

 

抜け毛や薄毛、白髪などのトラブルが目立ち始めてからのヘアケア・頭皮ケアが一般的になっている中、どうして育毛は若いうちからしておく必要性があるのでしょうか?

 

10~30代前半までの若い世代が納得できる、若いうちからの育毛の必要性3つをわかりやすく解説してみたいと思います。

 

 

 

若いうちから育毛すべき理由①将来的なトラブルの未然予防になるため

若い年代の人が、早いうちに育毛ケアをしておくべきなのは、将来的なトラブルを未然に予防するための目的があります。

 

人間は年齢を重ねると、

 

  • 細胞が老化をして髪と頭皮のトラブル、ダメージが出やすくなる
  • 髪の成長期、休止期、停止期のヘアサイクルが乱れやすくなる
  • 丈夫な髪の毛の要素となる成長期の髪が少なくなる
  • 血管が弱くなり、髪と頭皮に栄養を運ぶ血液の質が悪くなる

 

といったさまざまな影響によって、頭皮と髪のダメージ・トラブルが起こりやすくなります。

 

若いうちからの育毛ケアは、年齢を重ねた際に起こりやすい将来的な髪と頭皮のトラブルを未然に予防して、将来的にも健やかな頭皮環境と丈夫な髪質を維持するための必要不可欠と言えるのです。

 

 

 

若いうちから育毛すべき理由②若くても頭皮と髪のトラブルが出やすいため

白髪や薄毛、抜け毛の髪のダメージは、年齢を重ねた男性・女性特有だというイメージを持つことが多いのではないでしょうか?

 

ですが若白髪や若ハゲというフレーズを頻繁に見聞きすることが多いこの頃、若い年代であっても白髪や薄毛、ハゲといったトラブルが絶対に起こらないとは言えません。

 

若い世代であっても、

 

  • ストレスや不安感など、ココロの不調によるもの
  • アルコールや喫煙の習慣がある
  • 髪と頭皮の栄養になる食事内容になっていない
  • 睡眠、運動不足が慢性化している

 

などなど、このようないくつもの原因があると、頭皮と髪のコンディションがどんどん悪くなって薄毛や白髪、抜け毛につながりやすくなります。

 

若い世代は特に、上記のような生活習慣・食生活が顕著に見られるため、若いからと言って髪と頭皮のダメージ・トラブルが起こらないとは言えず、早い段階からの育毛ケアが必要になるのです。

 

 

 

若いうちから育毛すべき理由③育毛ケアの成果が出やすいため

若い世代は、年齢を重ねている年代に比べると、細胞そのものが若々しかったり、頭皮・髪のコンディションが比較的健やかな状態にあると言えます。

 

また若い世代は心身やお肌、髪と頭皮ともに成長期にあり、丈夫な髪が生えやすい成長期の髪が多く、年齢を重ねた人に比べるとヘアサイクルが安定している傾向にあります。

 

このようなことからも、早い段階で育毛ケアを行っておくと髪と頭皮のより良い変化・育毛効果に気づきやすくなり、若い人ならではの丈夫で豊かな髪・健やかな頭皮コンディションを維持し続けることができるようになるのです。

 

 

若いうちからの薄毛や抜け毛の原因は何?

 

年代が若い人であっても、さまざまな原因によって抜け毛や薄毛、白髪が生えやすくなることをお伝えしたため、具体的な原因が気になってはいませんか?

 

若いうちからの育毛は、若くても薄毛や抜け毛、白髪が生えてしまう原因を知っておくと、納得しながらのケアや生活習慣の改善見直しにつなげていくことができます。

 

ここでは若いうちから髪と頭皮のダメージが目立ち始めてしまう主な理由、原因を一緒に学んでみましょう。

 

関連記事

 

 

 

髪と頭皮の栄養が不足している

若いうちから抜け毛や薄毛、白髪が目立ち始めてしまうのは、髪と頭皮の栄養が不足している可能性があります。

 

若いうちに好んで過剰に摂取してしまうことが多い糖質や脂質は、頭皮の皮脂分泌のバランスが崩れて毛穴を詰まらせ、栄養の取り込みを悪くするデメリットがあります。

 

食生活や栄養バランスの乱れは、頭皮と髪の材料になるタンパク質や、細胞を整えて薄毛や抜け毛を防ぐ亜鉛、代謝にかかわるビタミンB群が慢性的に不足し、若いうちからの髪と頭皮のトラブルの原因になることがあるのです。

 

関連記事

 

 

 

物理的なダメージによるもの

若いうちは自分の見た目への意識が自然に強くなり、いろいろなヘアアレンジを楽しもうとするものですよね。

 

ただ、若い年代のうちから繰り返しのヘアカラーやパーマー、ヘアアイロンでのカール、整髪料の頻繁な使用をしてしまうと、頭皮と髪の刺激や摩擦になってしまうことがあります。

 

髪と頭皮への物理的なダメージが繰り返し加わると、キューティクルが傷んだり頭皮の炎症、かゆみなどが起こりやすくなって、丈夫な髪の成長が妨げられて、薄毛や白髪、抜け毛につながることがあるのです。

 

 

 

睡眠トラブルによるもの

寝つきが悪い、深くぐっすりと眠れない、朝になってもしゃっきりと目覚められない…。

 

そんな睡眠トラブルは、忙しい毎日を送る若い世代に多い傾向にあります。

 

質の良い睡眠には、髪と頭皮のダメージを修復したり、成長期の髪を増やす成長ホルモンの分泌が活性します。

 

また、若い世代の薄毛や白髪、抜け毛の原因になるストレスを癒す、幸せホルモンの分泌も担っているため、睡眠の質が悪いと頭皮と髪のダメージが改善されず、将来的なトラブルにつながりやすくなるのです。

 

 

育毛は若いうちから!具体的な育毛メソッドをご紹介

 

頭皮と髪の目立った不調がないと、若いうちから育毛が必要であっても、実際に何をすればよいのか戸惑うこともあるでしょう。

 

ここでは若い年代ならではの丈夫な髪質と健やかな頭皮環境を持続していくため、若いうちからの必要な育毛メソッドを解説してみたいと思います。

 

 

 

育毛剤やエッセンスを活用する

育毛剤やエッセンスは、シャンプーやトリートメントには含まれていないことが多い、育毛の有効成分をベースに作られています。

 

若いうちからの薄毛や抜け毛、白髪は髪に必要な栄養が不足していたり、頭皮の血行が乱れていることも大きな原因。

 

育毛剤やエッセンスは、丈夫な髪を生やすための頭皮環境を整えたり、栄養の補助、頭皮のめぐりを促進する働きがあり、若いうちからの使用が推奨されています。

 

関連記事

 

 

 

サロンでの集中的なケアを受けること

ヘッドマッサージや頭の揉みほぐし、髪のトリートメントができる専用のサロンは、若い年代ならではの丈夫な髪と頭皮環境を、プロの手によって持続してもらえるメリットがあります。

 

定期的にサロンに通っておくと、常に自分の髪と頭皮状態を見つめ直すことができ、プロ目線で必要な育毛ケアをアドバイスしてもらえるため、月1~2ヶ月に1回の割合で集中的な育毛ケアを受けるようにしましょう。

 

 

おわりに

 

若いうちからの育毛ケアの積み重ねは、年齢を重ねた時によく見られる白髪や抜け毛、薄毛の未然的な予防にアプローチできます。

 

髪と頭皮のベストなコンディションをできるだけ長く維持するために、育毛ケアは今の若いうちから早めに習慣づけてくださいね。

 

 

Lixのインスタグラム

 

 

担当ライター「kana」

アパレルショップ勤務を経て、以前から興味を持っていたフリーライターに転身。

 

マイブームは朝活と3ヶ月に一度のサロン通いで全身のボディメンテナンスを受けること!

 

ドライヘッドスパの体験や日頃のリサーチから得たコンテンツを、ユーモアを交えてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

美容や健康の記事はお任せください。お仕事のご相談・ご依頼はkrevakana.gmail.comにお願いいたします。