購入された商品の送料は全商品無料です。

スカルプコラム

寝る前にしておきたい育毛に効果的なメソッド!ヘアケア・食事・日常生活のポイントを解説

  • お役立ち情報
寝る前にしておきたい育毛に効果的なメソッド!ヘアケア・食事・日常生活のポイントを解説

睡眠時は髪の成長やダメージを受けた髪と頭皮を修復するホルモンの分泌が活性化するため、この前に髪と頭皮に良いメソッドを習慣づけておくと、抜け毛や薄毛、白髪の改善予防にアプローチが期待できます。

 

今回は寝る前にどんな育毛ケアをしておくことが最適なのか、ヘアケアと食事、日常生活のポイントをわかりやすく解説します。

 

寝る前の限られた時間を、髪と頭皮のケアに当てて育毛にアプローチしていくために、今日から習慣にしておきたいポイントを最後までじっくりチェックしてくださいね。

 

 

寝る前にしておきたい育毛に効果的なメソッド【ヘアケア編】

 

睡眠時に分泌が活性される、成長ホルモンの恩恵を髪と頭皮にしっかり与えていくためには、寝る前の丁寧で正しいヘアケアを押さえておくことが重要なポイントです。

 

寝る前にどんなヘアケアをしておくのが育毛に効果的なのか、ここでは具体的な方法とそれぞれの必要性、メリットを詳しくお伝えしてみたいと思います。

 

 

 

ブラッシングとぬるま湯での洗髪

寝る前はほとんどの人がお風呂に入ってリラックスする時間を設けるのではないでしょうか?

 

寝る前の時間のバスタイム中のヘアケアは、

 

  • あらかじめブラッシングをしておく
  • ぬるま湯でシャンプーを行う

 

というポイントが重要になります。

 

その理由は、寝る前のタイミングはカラダやメンタル面と同じように髪と頭皮も一日中活動し、汚れやホコリ、ストレスが溜まった状態となるため。

 

丁寧なブラッシングは髪のからまりをほどいて汚れを払い落とし、シャンプーの泡立ち→浸透と密着をよくする働きがあるため、寝る前のお風呂時間はあらかじめ髪を丁寧にとかしておきましょう。

 

また温度が高いお湯で髪を洗ってしまうと、熱のダメージによってキューティクルが剥がれたり、髪と頭皮のうるおいが流れてしまう心配があります。

 

38~40℃程度のほのかな温かみのある温度のお湯が、髪と頭皮のうるおいを守ることがわかっているため、洗髪時にはお湯の温度にも気を配るようにしましょう。

 

 

 

育毛エッセンスの活用

寝る前にしておきたい、シャンプーが終わった後の髪には、育毛エッセンスで髪と頭皮にたっぷりのうるおいを補っておくことが重要です。

 

育毛エッセンスには、頭皮の血行を促して髪と頭皮に栄養を行き渡らせたり、頭皮環境を健やかに整えて丈夫な髪を育てるという働きがあります。

 

また寝る前に育毛エッセンスを使っておくと、

 

  • 毛根に刺激を与えて育毛を促す「センブリエキス」
  • 髪の毛の成長に必要な成長因子のFGF-7を作り出す「アデノシン」
  • 血行を促進して毛母細胞に栄養を与える「ニンジンエキス」
  • 髪の毛の密度や太さを助ける「フィナステリド」

 

といった、頭皮環境の健康と丈夫な髪を育てるための栄養をバランスよく補うことができ、睡眠時の成長ホルモンの恩恵を受けて髪と頭皮に留まらせることが可能になります。

 

 

集中ケア

寝る前にしておきたい育毛メソッド、育毛エッセンスを使った後には、

 

 

といった専用の育毛機器で、頭皮マッサージを行うようにしましょう。

 

このような専用の育毛機器を活用することで、ハンドによる頭皮マッサージを負担がなくなり、効率的に髪と頭皮のコンディションを整えることができます。

 

デンキバリブラシやEMSヘッドマッサージャーは、低・中・高いずれかの電気的周波を発して頭皮に刺激を与え、めぐりを促すため、寝る前のスペシャルケアとして用いておくと、髪と頭皮コンディションのより良い変化に気づくことができるでしょう。

 

 

寝る前にしておきたい育毛に効果的なメソッド【食事編】

 

髪と頭皮環境は、毎日摂取する栄養や食べ物からコンディションが左右されるといっても過言ではありません。

 

寝る前の食生活について、育毛に効果的なポイントと注意点を一緒に見ていきましょう。

 

 

 

髪と頭皮に良い栄養、食べ物を摂る

睡眠中は髪と頭皮をはじめ、心身が休まる時間帯でもあるため、栄養が流れ出て栄養不足の状態に変わりやすいことがわかっています。

 

薄毛や脱毛、白髪の原因となる、頭皮と髪の栄養不足をなくしていくためにも、下記の栄養を積極的に食事に摂り入れるようにしましょう。

 

タンパク質 髪と頭皮の構成や成長ホルモンの材料になる
亜鉛 成長期の髪を増やしてサイクルを整え、毛母細胞の活性を助ける
ビタミンB群 髪に栄養を運ぶ頭皮の毛細血管を強化する
繊維質、乳酸菌  髪と頭皮に必要な栄養を吸収する腸の働きを助ける

 

関連記事

 

 

 

糖質・塩分・アルコールの過剰摂取に注意する

寝る前に丁寧なヘアケアをし、髪と頭皮の栄養に気を配っていても、糖質や塩分、アルコールの摂取が過度になってしまうと、育毛効果が半減してしまうリスクがあります。

 

その理由は、下記の様なよくない影響を与えてしまうため。

 

糖質の摂り過ぎ  髪のつややかさ、コシを守るコラーゲンが破壊される
塩分の摂り過ぎ 血管内に老廃物が溜まって血液の質がドロドロになってしまう
アルコールの摂り過ぎ 育毛に必要な栄養の吸収を阻害、分解してしまう

 

糖質や塩分、アルコールをまったく摂らない食生活は逆にストレスとなってしまうため、寝る前は適量を心がけ、飲酒の習慣がある場合は適宜お酒をお休みする休肝日を設けるようにしましょう。

 

 

寝る前にしておきたい育毛に効果的なメソッド【日常生活編】

 

寝る前の丁寧なヘアケア、育毛に効果的な栄養を摂取していたとしても、睡眠前の過ごし方にNGポイントがあると、ヘアケア・栄養摂取の恩恵が髪と頭皮に与えられなくなってしまいます。

 

質の良い睡眠で髪と頭皮の健やかなコンディションを維持していくために、ここでは寝る前の過ごし方のポイントを詳しく解説してみたいと思います。

 

 

 

成長ホルモン分泌が高まる時間に眠りにつく

髪と頭皮の成長を助ける成長ホルモンは、22:00~2:00までの分泌が活性化すると考えられています。

 

眠っている間の頭皮と髪の栄養不足をなくしていくためにも、寝る時間は成長ホルモンの恩恵を受けられる時間内に調整するようにしましょう。

 

また寝る前にスマホやテレビ、パソコンを使用してしまうと、脳や神経の興奮状態が続いて睡眠の質を妨げてしまうことがわかっています。

 

身近な電子機器から発せられる光は、紫外線と同じような作用を持ち、頭皮と髪の日焼けの原因になるため寝る前はスマホ・テレビ・パソコンの使用をできるだけ控えるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

軽めのストレッチをしておく

入浴では、カラダが温まった状態で眠りにつくことが理想ですが、軽めのストレッチをしておくことで湯冷めによる寝つきの悪さ・睡眠の質の低下を未然に予防できます。

 

  • 屈伸
  • ゆっくりスクワット
  • 太もも上げ
  • 腕を大きく回す
  • 座って足を伸ばし、上体を前に倒す

 

といった軽いストレッチは、頭皮に血液や酸素を運ぶ役割のあるふくらはぎ・心臓に適切な負荷をかけてめぐりの活性化を助けます。

 

軽めのストレッチは一日中活動して凝り固まってしまった筋肉をほぐす働きもあるため、寝る前に習慣にしておくと血液循環の安定によって頭皮と髪に栄養が行きわたりやすくなるでしょう。

 

 

おわりに

 

寝る前にしておきたい、ヘアケアと食事、日常生活のポイントは、ひとつひとつを見ても難しいことはひとつもなく、誰にでも手軽に継続していくことができます。

 

寝る前に必要な育毛メソッドをコツコツ続けながら、頭皮と髪の健やかなコンディションを早めに取り戻していきましょう。

 

 

Lixのインスタグラム

 

 

担当ライター「kana」

アパレルショップ勤務を経て、以前から興味を持っていたフリーライターに転身。

 

マイブームは朝活と3ヶ月に一度のサロン通いで全身のボディメンテナンスを受けること!

 

ドライヘッドスパの体験や日頃のリサーチから得たコンテンツを、ユーモアを交えてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

美容や健康の記事はお任せください。お仕事のご相談・ご依頼はkrevakana.gmail.comにお願いいたします。