合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

ワセリンを活用した育毛対策とは?その効果や注意点など解説!

  • 成分
ワセリンを活用した育毛対策とは?その効果や注意点など解説!

ワセリンは美容業界や医療業界で用いられており、全身のスキンケアにもおすすめの保湿剤です。

 

本記事では、ワセリンを活用した育毛対策とその効果、注意点などについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

ワセリンとは?育毛対策でおすすめする理由など解説!

 

ワセリンは、表面に油膜を張ることで保湿効果が見込まれ、肌のパサつきの解消や傷薬として用いられています。

 

そのような作用を持つワセリンは、育毛対策におすすめです。

 

 

ワセリンとは?

ワセリンは石油からつくられた保湿剤です。

 

世の中に存在する薬剤と相性よく融合させることができる特性から、美容関連商品や医療用軟膏などで用いられています。

 

石油を精製することで皮膚への副作用もなく、安定性は十分に見込むことが可能。

 

頭皮への保湿効果が期待できるため、育毛対策として活用されるケースも少なくありません。

 

 

育毛対策でおすすめする理由は?

育毛対策として用いられるワセリンですが、下記のようなおすすめする理由が挙げられます。

 

◇低刺激性
保湿作用
入手しやすい

 

頭皮の荒れや強い刺激は育毛の大敵です。

 

なぜなら、頭皮環境の悪化が髪の毛の細胞に悪影響を及ぼし、抜け毛や発毛抑制に起因してしまうため。

 

そのような場合に育毛剤を使用して対策しても、ほとんど思うような効果は得られません。

 

ワセリンは薬局やドラッグストアなどの量販店で手軽に購入することができるため、比較的入手しやすいといえます。

 

他にも育毛対策の方法としては、生活習慣に関連する内容が挙げられますが、どれも続けにくいという観点から途中で挫折する方も少なくありません。

 

具体的な内容については、後述します。

 

 

育毛対策でワセリンを使用する方法は?その注意点など解説!

 

ワセリンの保湿作用は育毛を含め、頭皮環境を改善するにはおすすめですが、具体的にどのように使用すればよいのか分からないという方もいることでしょう。

 

基本的にはワセリンに副作用はないとされていますが、稀にかぶれを引き起こすケースもあるようです。

 

まずは、ワセリンを育毛対策として取り入れる場合の正しい使用方法から、詳しくみていきましょう。

 

 

ワセリンの正しい使用方法は?

育毛対策でおすすめのワセリンの使い方は、直接頭皮につけてマッサージをするように塗り込むようにします。

 

具体的には、下記の手順です。

 

1.髪の毛を洗う前に適量のワセリンを手に取る
2.頭皮に塗り込むようにしてマッサージをする
3.シャンプーで洗い流す

     

    ワセリンは石油を原材料としているため、ヌルヌルした手に残る感触が苦手という方もいますが、頭皮から髪の毛まですべて保湿してくれるところは大きなメリットといえます。

     

    通常、頭皮の角質層がバリアの役割を担い潤いを保ちますが、ワセリンはこの作用をサポートします。

     

    育毛対策として用いられる理由として、副作用がみられないことを例に挙げましたが、ワセリンによって毛穴のゴミや汚れが浮き出ることもおすすめする理由の1つ。

     

    脂っこい頭皮や頭皮臭が気になる方は、ぜひワセリンを活用した育毛対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

     

    関連記事

     

     

    ワセリン以外の育毛対策

    ここまで、ワセリンを活用した育毛対策についてまとめてきましたが、根本的な考え方を取り入れなければ思うような結果が得られません。

     

    食生活や生活習慣、普段から使用するシャンプーの特性などを理解し、自分に合った方法で取り組むことが重要。

     

    そのうえで、ワセリンを活用しながら育毛対策を実践しましょう。

     

     

    ワセリンを使用する際の注意点は?

    ワセリンは基本的には副作用もなく、安全に使用できる保湿剤ですが、下記のようにいくつか注意しなければならないこともあります。

     

    ◇ワセリンのつけすぎ
    荒れなどが稀に起因する
    頭皮の水分補給にはならない

     

    ワセリンで頭皮の保湿に取り組む際、落としにくくなるような量をつけることはおすすめしません。

     

    その理由は、シャンプーでよく洗わなければならず、そうすることで皮脂が落ち保湿されにくい環境に陥ってしまう危険性が伴うため。

     

    適量のシャンプーで落とせるワセリンの量で、育毛対策に取り組んでください。

     

    また、稀に荒れなどが生じることがありますが、これは敏感肌の方にみられる傾向が強いです。

     

    そもそもワセリンは保湿にアプローチできるとはいえ、頭皮の水分補給にはならないため、その点については留意しておきましょう。

     

    関連記事

     

     

    さいごに|ワセリンで育毛対策しよう!

     

    本記事では、ワセリンを活用した育毛対策について解説してきました。

     

    頭皮の保湿にアプローチするおすすめの保湿剤ですが、稀に荒れを引き起こすこともあるため、肌に合わないと感じた方はすぐに使用をやめてください。

     

    また、取り扱い時の注意点としては、適量のシャンプーで落とせるような使い方をすること。

     

    保湿に必要な皮脂が洗い流されないように取り扱い、育毛対策に活用しましょう。