合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

育毛シャンプーが生えるのは嘘?育毛剤よりプッシュされない理由を紹介!

  • 育毛メーカーの裏話
育毛シャンプーって本当に生えるの?育毛剤がプッシュされる理由との関係性

育毛シャンプーが生えるのは嘘?

  

育毛シャンプーという言葉は知っているものの、育毛シャンプーを実際に使っているという方は薄毛の方でも少ないのが現状です。

 

育毛発毛業界には嘘やデマが溢れています。

 

その為、なかなか正しい実体験を元にしたデータというのは見えにくいです。

 

じゃあ育毛シャンプーはどうか?というと、育毛効果がある製品が多いと思います。

 

色々試しましたが、理論も含めて副作用の無い薄毛対策には最も良いと思っております。

 

 

育毛シャンプーに効果がある理由

 

ここでは育毛シャンプーの効果がある理由を紹介します。

 

 

 

生やすではなく、原因を取り除くだから

皆さん勘違いしがちなのが、とにかく育毛最優先と考えているところです。

 

これは間違いで、薄毛になる原因を取り除いて、結果的に育毛発毛をするというのが正しいロジックです。

 

例えば、フィナステリドやデュタステリドという薬はAGAに効果がある事で有名ですが、これの薬理作用はDHT(ジヒドロテストステロン)というものが発生し「TGF-β」という脱毛シグナルを出してしまうからです。

 

それを止める事によって原因を取り除く事が出来るので、髪の毛が生えてくるのです。

 

育毛シャンプーも同じで、頭皮環境が汚いとそれだけで薄毛となってしまいます。

 

頭皮に優しく、尚且つ洗浄力のある育毛シャンプーはちゃんと効果があります。

 

 

 

毎日続けられるから

育毛剤や薬を使って髪の毛を生やす人のあるあるですが、そこそこ髪の毛が生えてきたら止めてしまう方がおります。

 

ただ、その状態だと原因の根本解決が出来ていない状態での中止なので、また薄毛になり、生えてきたら中止するという繰り返しになってしまいます。

 

毎日の日課としていても意識しないと続けられないという方は多いです。

 

しかし、育毛シャンプーであれば、そこにあれば毎日継続して使います

 

特に育毛剤とは毎日使う量が違うので、ある程度生えてきたらそこからまた薄毛になるという事は考えにくいです。

 

 

 

頭皮に浸透させるよりも表面をどうにかした方が生えるから

育毛関連では良く「浸透」という言葉が使われますが、機械も使わずに浸透なんかできません。

 

頭皮にはバリア機能というものがありますので、易々と浸透なんかしてしまったら毒素も取り込めてしまうという事になりますので、浸透という言葉自体嘘です。

 

ケアをするなら頭皮の表面で十分です。

 

個人的には浸透ではなく、頭皮の表面をケアするという様な謳い文句の方が効果がある気がします。

 

関連記事

 

 

育毛シャンプーではなく、育毛剤がプッシュされる理由

 

冒頭でも書きましたが、育毛剤は死ぬほどプッシュされているのに育毛シャンプーは全くと言って宣伝されません。

 

何故か?単純に利益率の問題です。

 

育毛シャンプーと育毛剤は以下の様な利益率です。

 

種類 育毛シャンプー 育毛剤
製品の相場 4000円 7000円
原価 1000円 1000円
利益 3000円 6000円

 

これが育毛剤がプッシュされる理由です。単純に儲かるからです。

 

皆さんあまり知られていないと思いますが、シャンプーも育毛剤も原価率としてはほぼ変わらないのです。

 

また、シャンプーの方が量が多いですからね。単純に考えても同程度の原価率というのは理解できるはずです。

 

当協会もOEMではなく0からシャンプー、コンディショナー、育毛剤を作っていますので、実際にメーカーとしてやっている立場から説得力はあるはずです。

 

勿論高級な成分を入れれば入れるだけ原価は上がりますが、そんな製品はお客様が続かないので1万以下の製品で、高級な成分がゴリゴリに入っているものは僕は知りません。

 

2万円とか出せば、成長因子(グロスファクター)が入った製品も購入できるので、ただの育毛剤では弱いです。