合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

育毛に重要なサーチュイン遺伝子とは?ファスティング(断食)で発毛が可能!

  • 医療
  • 運動
育毛に重要なサーチュイン遺伝子とは?

「若返り遺伝子」「長寿遺伝子」とも呼ばれる「サーチュイン遺伝子」について知りたい方に必見です。

 

サーチュイン遺伝子はその異名のとおり、活性化させることで老化の防止やがん予防が期待されている遺伝子で、現在もその研究は進められています。

 

そんななかで、なんとサーチュイン遺伝子の活性化によって育毛に効果が見られたという研究成果がいくつも出ているのです。

 

本記事では、そんなサーチュイン遺伝子の育毛効果と、活性化させる方法を徹底解説していきます。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

サーチュイン遺伝子とは?育毛との関係性を解説!

 

老化を抑制する効果が期待されているサーチュイン遺伝子。

 

実は、2000年に発見されたばかりのまだ研究が浅い遺伝子なのですが、現在時点の研究で健康の維持だけでなく、育毛への効果も期待されています。

 

それでは、具体的にサーチュイン遺伝子とは何なのでしょうか?

 

また、どのように発毛に影響を及ぼすのか、詳しくみていきましょう。

 

 

サーチュイン遺伝子とは?

サーチュイン遺伝子は、カロリー制限を行っている条件下で活性化する特徴のある遺伝子で、多くのアンチエイジングに寄与しているといわれています。

 

医療の発展により高齢化が進む現代ですが、遺伝的に組み込まれたような病気の発生はなかなか抑えられません。

 

しかし、サーチュイン遺伝子の研究が進めば、老化にあたる「機能低下」は抑えられると考えられているのです。

 

それでは次で、サーチュイン遺伝子のどんな作用で発毛効果が期待できるのか解説していきます。

 

 

サーチュイン遺伝子の育毛効果とは?

サーチュイン遺伝子の育毛効果には、抗酸化物質が関わっているといわれています。

 

呼吸によって取り入れられる酸素のうち、数%を利用して体内で生成される活性酸素という物質をご存じでしょうか。

 

活性酸素は体内になくてはならない物質ですが、増えすぎてしまうと人間の細胞を傷つけて老化を促進させてしまう原因にもなります。

 

活性酸素が増えすぎた際には、体内でその働きを抑制する抗酸化物質が活性化しますが、この抗酸化物質も年齢と共に衰えてしまうのです。

 

発毛がうまく行われないのは、抗酸化物質の衰えにより活性酸素が毛母細胞を攻撃してしまうことが原因の1つ。

 

サーチュイン遺伝子は、この抗酸化物質の調整因子として働いてくれることが研究で明らかになっています

 

以上が現在サーチュイン遺伝子が発毛へ効果があると考えられている要因。

 

これ以外にもサーチュイン遺伝子には多くの働きがあり、また、研究が進めばこれ以上の有効な研究成果が出る可能性もあります。

 

 

サーチュイン遺伝子を活性化させて発毛しよう!その方法とは?

 

老化の抑制について興味深い研究結果が数多く出ているサーチュイン遺伝子。では、実際に活性化させるにはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

実はサーチュイン遺伝子の活性化には特別な道具は必要ありません。

 

結論をいえば、ファスティング(断食)がおすすめ。

 

それでは、具体的にみていきましょう。

 

 

ファスティング(断食)で活性化!

サーチュイン遺伝子の活性化には、カロリー制限が不可欠。

 

さらに、胃の中が空っぽになっている時間が長いほどサーチュイン遺伝子は活性化し、発毛効果が期待できます。

 

ある実験では48時間の断食によりサーチュイン酵素が2~4倍になったとの研究結果が出ました。

 

発毛に効果的なファスティングには期間や内容など明確な定義はありませんが、基本的には決められた期間、固形物を食べずに酵素ドリンクなどで必要な栄養を補って行うプチ断食が効果的です。

 

胃の中をリセットしつつ、低血糖なども防げるため日常生活への取り入れも容易なファスティング。

 

次で、発毛のために初心者の方向けの正しいファスティング方法を紹介します。

 

 

正しいファスティングの方法とは?

初めてのファスティングの場合、絶食に比べ低血糖リスクが少ないとはいえ、いきなり長期間実施するのは危険。まずは1~2日間を目安に行いましょう。

 

発毛に効果的なファスティングには大きく準備期間・本番期間・回復期間があります。

 

そして、おすすめは、以下の目安で行うことです。

 

  • 準備期間:2~3日間
  • 本番期間:1~2日間
  • 回復期間:2~3日間

 

準備期間中はおかゆや野菜など、消化器官の負担にならないものを中心に食べて、本番期間で酵素ドリンクのみの断食に取り掛かりましょう。

 

1番重要なのは回復期。ファスティング明けは軽い飢餓状態のため、普段よりエネルギーの吸収率がよくなっています。

 

回復期に食べたものによっては体調を崩しやすくなることも考えられるので、脂っこいものを避けておかゆや薄味のスープから徐々に慣らしてください。

 

また、ファスティングの本番期間中はエネルギーが足りておらず、普段通りのパフォーマンスが出せない可能性が考えられます。

 

できるだけ連休や土日に合わせられるようタイミングを調整しましょう。

 

 

さいごに|育毛にはサーチュイン遺伝子を活用しよう!

 

今回は、育毛とサーチュイン遺伝子との関係性について解説してきました。

 

現在もまだまだ研究中のサーチュイン遺伝子ですが、その健康への影響に関しての研究は確立し始めてきています。

 

活性化させるためのファスティングに低血糖症のリスクはありますが、正しい手順を踏めば水だけで行う絶食よりもはるかに安全に育毛を促すことが可能です。

 

さらに、体内も整い、ダイエット効果も期待できるファスティング。

 

ぜひ今度の休日に、実践してみてはいかがでしょうか。