合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

薄毛の原因「ストレス」を回避!下痢の兆候がみられたときの対策を解説!

  • 薄毛
薄毛の原因「ストレス」を回避!下痢の兆候がみられたときの対策を解説!

薄毛の主な原因には、ストレスや遺伝などが挙げられます。

 

本記事では、そのなかでもストレスに起因する下痢になったときの対処法について解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

ストレスが薄毛の原因となる理由は?下痢の症状を回避する方法も解説!

 

頭皮に関連する悩みとして薄毛が挙げられますが、近代病の1つでもあるストレスに起因するケースがみられます。

 

ストレスのメカニズムのなかで薄毛に悪影響を及ぼす「自律神経の乱れ」は、頭皮環境の悪化を引き起こします。

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

薄毛とストレスとの関係性は?

リーブ21が実施した「全国薄毛リスク調査」によると、薄毛になることにストレスを感じている割合が全体の約33%とのこと。

 

仕事やプライベートでもストレスを抱える現代社会において、さらに薄毛になることで精神的な負担が強いられるという境遇に直面している方もいるようです。

 

ストレスによって精神的に負荷が生じることで自律神経が乱れ、下痢などの症状を引き起こすといわれていますが、具体的にはどのような関係性を持つのでしょうか。

 

結論からいえば、腸の収縮運動が過敏になることから下痢を引き起こします。

 

腸に押し出された老廃物が十分に消化できず、正常な蠕動(ぜんどう)運動がみられないことに起因します。

 

通常、消火器運動のメカニズムとして脳から発せられる信号を腸が受け取り、収縮運動が始まります。

 

しかし、ストレスを感じると腸が過敏に反応し、激しく収縮運動をすることから正常な蠕動(ぜんどう)運動ができません。

 

腸で十分な水分を吸収できないため、下痢を引き起こします。

 

 

下痢は腸内フローラが乱れ薄毛になる

ストレスで下痢になります。

 

そうすると腸内フローラと呼ばれる正しく整った腸内が乱れ、悪玉菌が発生しそれが血管内を通り皮膚へ排出しようとする時に、皮膚にダメージを与えてしまします

 

肌荒れや薄毛という原因になってしまいますので、下痢の状態は育毛的にも良くありません。

 

 

薄毛対策で下痢の症状を事前に回避する方法は?

薄毛対策の方法を誤ると下痢を引き起こし、生活に影響を及ぼしかねません。それが原因で、ストレスを感じる方もいることでしょう。

 

仕事だけに留まらず、薄毛を気にするだけでストレスを感じていては対策しても十分な効果は得られません。

 

冒頭でも説明しましたが、薄毛にはストレスや遺伝などさまざまな要因が挙げられます。

 

遺伝の場合は回避しようがありませんが、ストレスに起因しているのであれば環境を変えることで薄毛を回避できる可能性があります。

 

例えば、下記のような方法でストレスを軽減し、それに起因する下痢を回避することも重要です。

 

◇軽い運動を心がける
趣味に没頭する
食生活の改善
良質な睡眠 など

     

    いずれも薄毛対策に必要なストレスを軽減させるおすすめの方法です。

     

    ぜひ、生活習慣のなかで取り入れてください。

     

     

    薄毛対策で下痢になったときの対処法3選

     

    薄毛対策のさなか、下痢になってしまったときはどのように対処すればよいのでしょうか。

     

    結論をいえば、規則正しい生活習慣を身につけることです。

     

    それでは、詳しくみていきましょう。

     

     

    水分補給

    薄毛対策でストレスが蓄積されることは、なかなか回避できるものではありません。

     

    ストレス社会と呼ばれるこの世のなかで、ストレスとどのように向き合っていくことが重要。

     

    下痢の症状が激しい場合は脱水症状を引き起こす危険性が伴うため、水分補給をしっかりと行いましょう。

     

    水でもよいですが、おすすめは糖分や塩分を含んだスポーツドリンク。

     

    現代では水分補給用の経口補水液もありますので、目的と用途に応じて使い分けてください。

     

     

    消化のよい食べ物を摂取

    食生活の改善は、薄毛対策に効果的とされています。

     

    なかでもアミノ酸やビタミン、ミネラルの補給は欠かせません。

     

    しかし、下痢の症状が発生している場合は消化のよい食べ物を摂取することが重要。脂っこい肉類の摂取は避けなければなりません。

     

    バナナなどの果物や野菜スープなどの腸に優しい食事にするとよいでしょう。

     

    また、おかゆや白身魚もおすすめ。下痢のときは胃腸を休めることに専念し、回復を待つようにしてください。 

     

     

    体を温める

    薄毛対策で下痢の症状がみられる場合、腹部に痛みを伴う場合がありつらい経験をする方もいることでしょう。

     

    下痢の場合、体温が下がり続けるため、毛布にくるまったり厚着をしたりするなどして温めることをおすすめします。

     

    また、入浴やカイロ、腹巻などで対策することもおすすめ。薄毛対策で下痢を生じた場合の必須アイテムとして、ぜひ活用してください。

     

     

    さいごに|下痢をしないよう注意して薄毛対策しよう!

     

    今回は、薄毛対策によって下痢を生じた際に行うおすすめの対処法などについて解説してきました。

     

    頭皮の悩みを抱えている方で薄毛を気にしている方もいますが、全体の約33%が薄毛によるストレスを実感していることには驚いたことでしょう。

     

    ストレスは薄毛対策の大敵となり得るため、日常生活のなかで精神的にも負担を軽減させることが重要。

     

    規則正しい生活習慣を取り入れ、薄毛対策に取り組むよう努めましょう。