10,000円以上の購入で送料無料です。一部の商品ページは広告となっています。

スカルプコラム

頭皮を動かすと血流が良くなるって本当?頭皮マッサージの育毛効果について解説

  • 頭皮
頭皮を動かすと血流が良くなるって本当?頭皮マッサージの育毛効果について解説

薄毛で悩んでいる方など、頭皮環境に気をつけている場合には、頭皮を動かす頭皮マッサージがおすすめです。

 

頭皮マッサージをすることで頭皮環境の改善につながります。ただし、正しく頭皮マッサージを行わないと、トラブルに発展する可能性もあります。

 

この記事では、正しい頭皮マッサージの方法やその効果について解説します。

 

頭皮トラブルを解消したい方などは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

頭皮の血流が悪いとどうなる?

 

頭皮の血流が悪い状態では、頭皮環境が乱れていまいます。これは、血液が栄養や酸素を頭皮に送ることで、健康な髪の毛が生成されるためです。

 

体全体としての栄養が足りている場合でも、頭皮の血流が悪い状態では、髪の毛が栄養不足になってしまいます。

 

栄養不足になった髪の毛は、細くて短いものになり、髪のボリュームが失われてしまいます。

 

頭皮の血流が悪くなる原因にはさまざまなものがありますが、ストレスや冷え、睡眠不足などが主な原因です。

 

特に、自律神経のバランスが崩れることで、頭皮の血流が悪化する原因になります。また、冷えについても同様で、血管が収縮されることで血流が低下してしまいます。

 

 

頭皮マッサージで血流が改善できる!

 

頭皮マッサージによって血流を促すことができれば、頭皮環境の改善効果が期待できます。

 

血流が良くなると十分な栄養が毛乳頭細胞に行き渡るようになります。

 

毛乳頭細胞は、髪の毛を生成する毛母細胞に細胞増殖因子などを送ることで髪の毛の生成を促します。そのため、毛乳頭細胞に十分な栄養が届くことで、髪の毛の成長の促進が可能です。

 

ただし、血流が改善するのは一時的で、体質そのものが変わるわけではないため、継続的に続けることが必要です。

 

関連記事

 

 

頭皮マッサージで得られる効果

 

ここでは、頭皮マッサージにより期待できる効果について解説します。

 

 

 

薄毛・抜け毛の予防

頭皮マッサージにより頭皮の血流が良くなれば、毛乳頭細胞に必要な栄養が行き渡り、抜け毛などが起きにくくなります。

 

 

 

白髪の予防

白髪の原因は、髪の毛の黒色を作るメラニン色素を生成するメラノサイトに何らかの異常があるためとされています。

頭皮マッサージで血流が良くなれば、メラノサイトに栄養と酸素が十分に届くため、メラノサイトの異常が改善される可能性が高くなります。

 

 

 

リフトアップ

頭皮マッサージで血流が良くなれば、頭皮に栄養が十分に届くようになります。

これにより、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの頭皮に含まれる成分が保たれ、リフトアップ効果が期待できます。

 

 

 

頭皮マッサージの効果が出るまでの期間

 

頭皮マッサージはすぐに効果が得られるわけではありません。

 

そのため、継続的に頭皮マッサージを続ける必要があります。

 

頭皮マッサージの効果を得られるまでの期間は、詳しくはわかっていませんが、栄養が十分に届いて見た目に変化が出るまでは、長い時間がかかると考えられます。

 

ただし、すぐに効果が出ないからという理由で頭皮マッサージをやめてしまうと、薄毛や抜け毛の予防効果などは得られなくなります。

 

そのため、可能であれば毎日頭皮マッサージをするようにしましょう。

 

頭皮マッサージをするタイミングとしては、シャンプーをするときがおすすめです。

 

シャンプーの泡が円滑剤の役割になるため、頭皮にかかるダメージを軽減してくれます。

 

また、入浴後は身体が温まっているため、入浴による血行促進との相乗効果が期待できます。

 

 

頭皮マッサージの正しい方法

 

ここでは、頭皮マッサージの正しい方法を紹介します。

 

まず、前髪の生え際の中央付近に指をあて、5~6回ほど上下に動かします。

 

次に、マッサージしながら指を両サイドに動かします。こめかみまで進んだら、円を描くようにマッサージしましょう。さらに、耳の上付近も同様に円を描くようにマッサージします。

 

次に、頭全体を両手でつかみ、すべての指で頭のツボを刺激します。このとき、上向きに寄せるイメージを持って行いましょう。

 

次は、後ろ側の首の付け根をマッサージします。そこから上に上がっていき、後頭部から側頭部にかけてマッサージをします。

 

最後は、耳の後ろのくぼみを円を描くようにマッサージします。

 

頭皮マッサージでは、薄毛が気になる場所だけでなく、頭部全体をマッサージすることがポイントです。

 

 

 

ヘアブラシを使用した頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージには、ヘアブラシを使うと効果的です。ただし、強くたたいたりすると頭皮がダメージを受ける恐れがあるため、適度な力でマッサージしましょう。

 

また、使用するブラシは、縦長の円形の毛がついているループブラシがおすすめです。

 

通常のヘアブラシの場合は、頭皮に刺激が直接入りますが、ループブラシは先端部分がないブラシなので頭皮を傷つけません。

 

ヘアブラシで頭皮マッサージをする方法としては、まず耳の上から頭頂部にかけて、ジグザグに動かしながら程度に圧をかけます。

 

次に、同じように眉頭付近や後頭部の付け根、耳の後ろから頭頂部に向かって動かします。

 

この際、「の」の字を描きながら軽くたたくのがポイントです。

 

これを、頭部の血流が促されて温かくなるまで続けます。

 

ヘアブラシで頭皮マッサージを行う際には、清潔なものを使いましょう。

 

不潔な状態のヘアブラシを使うと、頭皮に炎症が起こる可能性があります。

 

関連記事

 

 

頭皮マッサージの注意点

 

頭皮マッサージは、頭皮の血流が改善できる効果があるなど、メリットが多いマッサージですが、やりすぎには注意しましょう。

 

頭皮マッサージは毎日継続することが重要ですが、マッサージの時間が長すぎると頭皮がダメージを受けてしまいます。そのため、1回の頭皮マッサージは5分程度にとどめておきましょう。

 

ただし、1日に何回か行うことは問題ありません。起床後や就寝前など、同じタイミングで頭皮マッサージをすることで、習慣にすることができます。

 

また、頭皮マッサージをする際には、必ず爪を短く切りましょう。爪が長いと、マッサージ中に爪で頭皮を傷つけてしまうことがあるためです。

 

 

頭皮の血流を良くする方法

 

頭皮の血流を良くする方法は、頭皮マッサージ以外にも存在します。

 

ここでは、頭皮マッサージ以外の方法について解説します。

 

 

 

頭皮の血流促進を補助するサプリメント

頭皮の血流改善には、頭皮の血行促進をサポートするサプリメントがおすすめです。

 

ビタミンEには、血行促進の効果が期待できるため、ビタミンEが配合されているサプリメントがおすすめです。

 

また、ビタミンEは植物脂やピーナッツ、アーモンドなどに多く配合されているため、これらを摂取するのもいいでしょう。

 

ビタミンEのサプリメントを摂取する場合、用量を守ることが重要です。また、ビタミンEなどを食事から摂取できている場合は、摂取量を減らしましょう。

 

これは、ビタミンEは身体にためこみやすいため、飲みすぎると健康被害が出る可能性があるためです。

 

 

 

頭皮の血流を良くする食べ物

食べ物の中には、頭皮の血流を良くすることが期待できるものがあります。

 

頭皮の血流を促す食べ物としては、以下の通りです。

 

・とうがらし、ししとう
・ナッツ類

 

 

 

運動する

適度に運動をすることでも、頭皮の血流が改善できます。

 

雲洞としては、手軽に始められるウォーキングがおすすめです。

 

ウォーキングは、時間や回数などを決めておき、無理をせずに続けることを意識しましょう。

 

運動の効果を出すためには、継続して行うことが重要です。できるだけ続けられる範囲で行うといいでしょう。

 

 

Lixのインスタグラム