購入された商品の送料は全商品無料です。

スカルプコラム

フィンペシアとは?日本では未承認のAGA治療薬に副作用はある?

フィンペシアとは?日本では未承認のAGA治療薬に副作用はある?

さまざまなタイプの発毛剤がありますが、なかでも、高い効果が期待できるのが服用タイプで、本記事で紹介するフィンペシアも服用タイプの発毛剤の1つです。

 

フィンペシアはAGA治療にも活用でき、しかも比較的安価。そうしたこともあり、薄毛対策への使用を考えている方もいるでしょう。

 

本記事では、フィンペシアとはどんな働きで発毛を促してくれるのか、また使用する場合に気を付けるべきことなどを紹介していくので、ぜひご覧ください。

 

 

フィンペシアとは?発毛効果はある?


 

フィンペシアとはどういった成分なのか、また、どのような働きで発毛を促してくれるのかについて解説します。

 

ポイントは、下記の2つです。

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

 

フィンペシアはAGA治療薬の1つ

フィンペシアは、シプラ社という製薬会社が製造販売しているAGA治療薬です。

 

実はフィンペシアは、MSDという日本の製薬会社が開発したAGA治療薬「プロペシア」のコピー薬。

 

プロペシアは、5αリダクターゼが体内で生成されないようにすることで、薄毛の原因を改善してくれるフィナステリド系の治療薬です。

 

コピー薬ですから、フィンペシアもフィナステリドを主な有効成分としており、他の配合成分も似ているため、プロペシアと同等の効果が期待できます。

 

 

 

フィンペシアの発毛効果は?

フィンペシアが発毛を促してくれる理由は、フィナステリドの働きで5αリダクターゼを体内で生成されないようにするためです。

 

そもそも5αリダクターゼは、ヒトの体内に存在する還元酵素の1つ。

 

そして、酵素とは、消化・吸収・代謝・排泄など、体内で起こるほぼすべての化学変化に関わる物質です。

 

そのため、5αリダクターゼは代謝に関わる酵素とされています。また、体に必要な酵素ですが、体内でテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまいます。

 

ちなみに、ジヒドロテストステロン(DHT)はAGA発症の原因物質です。

 

 

フィンペシアの副作用と購入における注意点はある?


 

フィンペシアを使用する際には、使用時と購入時に気を付けなければならないことがあります。

     

    それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

     

     

     

    フィンペシアの主な副作用は?

    使用時に気を付けることは副作用です。以下で紹介している3つは、これまで報告事例がある副作用のなかでも報告例の多い内容です。

     

     

     

    男性機能低下

    副作用のなかで報告事例が多い内容の1つに、男性機能低下が挙げられます。

     

    また、発症率が1%未満と高くはありませんが、性欲減退による男性機能低下も報告されています。

     

     

     

    肝機能障害

    日本病院薬剤師会が重篤な副作用だと見ているのが肝機能障害です。

     

    使用によって発症する確率は、性欲減退の副作用よりも低いとされていますが、確率は0ではありません。

     

    また、肝機能が低下している方や何らかの慢性的な肝機能異常を持っている方は、健常者よりも発症率が高くなるとみられています。

     

     

     

    抑うつ

    ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの1種です。それが抑制されることでホルモンバランスが崩れ、抑うつの症状が出ることもあります。

     

     

     

    フィンペシアの購入における注意点は?

    フィンペシアの購入における注意点は、日本では未認可の医薬品であること。

     

    フィンペシアは、日本では未認可の医薬品であることから、海外から個人輸入する必要があります。

     

    そもそも未認可の薬は、薬局やドラッグストアでは販売されておらず、取り扱っているクリニックもそう多くありません。

     

    そのため、個人輸入がもっとも簡単な入手方法ですが、個人輸入には正規のメーカー品を装った偽物の可能性があります。

     

    また、日本で認可されている医薬品は、薬品副作用被害救済制度に対応していますが、日本で未認可のフィンペシアはこの制度には対応していません。

     

    給付の対象 昭和55年5月1日以降(再生医療等製品については平成26年11月25日以降)に医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による疾病(入院治療を必要とする程度のもの)、障害(日常生活が著しく制限される程度の状態のもの)及び死亡が給付の対象となる健康被害です。
    引用:医薬品副作用被害救済制度の給付対象

     

    独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が救済給付を行い、症例に当てはまった人を救済してくれる仕組みが薬品副作用被害救済制度です。

     

    関連記事

     

     

    さいごに|フィンペシアの発毛効果は期待できる!購入は自己責任で!

     

    プロペシアの薄毛予防効果は多くの方が実感しているため、そのコピー薬であるフィンペシアも発毛効果が期待できます。

     

    ただ、フィンペシアにはいくつかの副作用が報告されており、薬品副作用被害救済制度には対応していないため、使用して何かあった場合にはすべて自己責任です。

     

    最後に、本記事の内容をまとめます。

     

    • フィンペシアは服用タイプの発毛剤
    • フィンペシアは、製薬会社「シプラ社」が製造販売しているAGA治療薬
    • フィンペシアが発毛に効果的な理由は、フィナステリドの働きで5αリダクターゼを体内で生成されないようにするため
    • 副作用に注意する
    • フィンペシアは日本では未認可の医薬品

     

    本記事が、フィンペシアと発毛との関係性について知りたい方の参考になれば幸いです。

     

     

    Lixのインスタグラム