10,000円以上の購入で送料無料です。一部の商品ページは広告となっています。

スカルプコラム

白髪は脳の疲れや使い過ぎが原因!?関係性と白髪カバーに効果的な方法をご紹介!

白髪は脳の疲れや使い過ぎが原因!?関係性と白髪カバーに効果的な方法をご紹介!

白髪はたとえ数本生えているだけでも、黒髪の中ではとても目立つので、実際の年齢や印象よりも老けた・疲れて見えるのがストレスに感じますよね。

 

白髪が増える原因はこれまで、年齢を重ねたことによる加齢や白髪に黒い色素をつけて黒髪を生やすメラニン色素を作り出すメラノサイトの低下などがありましたが、実は脳の疲れや使い過ぎも原因になることがわかってきているんです。

 

今回は白髪と脳の使い過ぎ、疲れにどんな関係性があるのか、気になる理由を詳しく解説!

 

脳と白髪の両方にアプローチした効果的なセルフケア・サロンケアも合わせて参考にしながら、白髪悩み解決のきっかけに役立ててくださいね。

 

 

白髪の原因は脳の疲れ、使い過ぎが原因!?理由と関係性をチェック!

 

白髪は髪や頭皮環境、細胞の老化現象が一般的な原因として認識されていますが、では細胞も髪質も頭皮環境も若い年代にも白髪は生えるので、老化だけが原因ではないと判断できます。

 

老化とはまだほど遠いティーン世代・20代の男性・女性でも白髪が生えてしまうことがありますが、この原因には脳の疲れや使い過ぎが関係していると考えられています。

 

白髪の原因が脳の疲れや使い過ぎによる理由、関係性を詳しく見ていきましょう。

 

 

 

脳の疲れ=頭皮が硬くなり血行が悪くなる

脳の疲れが白髪の原因のひとつと考えられているのは、脳が疲労するとひとつながりになっている頭皮状態もこわばり、長く緊張した状態に変わってしまいます。

 

脳が疲れることは強いストレスにつながり、ストレスは髪と頭皮の状態に深いつながりのある自律神経を乱してしまいます。

 

脳の疲れによって自律神経が乱れると、血管を収縮させて頭皮のめぐりを悪くする交感神経ばかりが優位に…。

 

そもそも白髪に色を付けて黒髪を生やし、育てるメラノサイトは、頭皮の血行状態によって作用に強弱が出ると考えられています。

 

そのため脳の疲れによる頭皮の血行不良は、白髪に黒い色を付けて黒髪を生やしていくメラニン色素生成の向上となるメラノサイトの働きが弱まり、白髪が生えやすくなってしまうのです。

 

 

 

脳の使い過ぎ=ストレスを感じて活性酸素が発生する

いろいろな情報を受け取り頭の中で整理したり、自身で調べた情報を脳にインプットするなど、脳は休む間もなく1日中ハードに活用しています。

 

脳が受け取った情報を整理できない、インプットしようとする情報量が多すぎるなどで脳の使い過ぎ状態が続くと、頭の中がパンク状態になってイライラやムカムカ、もやもやなどメンタル面の不調に陥ってしまいます。

 

脳の使い過ぎによって強いストレスを感じると、老化の原因となる活性酸素が大量に発生…。

 

そもそも白髪は細胞の老化が根本的な原因となるため、その老化を促進させる活性酸素が大量に発生すると、一気に広範囲に白髪が増えてしまうこともあるのです。

 

関連記事

 

 

白髪の原因・脳の使い過ぎと疲労をリセット!日常でできるセルフケア

 

脳は髪質や白髪の量を左右する頭皮とひとつながりになっているため、使い過ぎ・疲労をリセットすることで頭皮の血流が良くなったり、活性酸素の影響を少なくして黒髪の成長と保持にアプローチできます。

 

白髪の原因・脳の使い過ぎと疲れをリセットして黒髪を取り戻す、日常でできるセルフケアをさっそく見ていきましょう。

 

 

 

忙しくし過ぎないこと

脳の疲れ、使い過ぎによる白髪は、日常生活を忙しくし過ぎないことが根本的な対策になります。

 

慌ただしい毎日を送るたびに脳はたくさんの情報を頭の中に入れ込んで整理し、記憶保持に結びつけるという作用を繰り返し休まる暇がなくなってしまいます。

 

脳の疲労、使い過ぎをなくすためにも、ゆとりを持った生活や忙しい中でも適宜休息を入れてリラックスできる生活習慣にシフトしていきましょう。

 

 

 

毎日熟睡すること

脳の使い過ぎ、疲労をリセットして白髪の予防にアプローチするためには、時間やタイミングよりもどれだけ熟睡できるかという睡眠の質が重要。

 

毎日ぐっすりと眠ることで1日中ハードに活動した脳をしっかりと休めることができ、熟睡が積み重なるごとに脳の強化にアプローチできます。

 

脳の状態が熟睡の影響を受けて整うと、ストレスや不安感といったメンタル面の不調を跳ね返る免疫・耐性も育っていくため、睡眠の質に気を配った白髪対策をスタートしましょう。

 

関連記事

 

 

 

脳疲労対策に効果的な栄養を摂る

脳の疲れや使い過ぎによる白髪は、意外に身近な食べ物でケアすることができます。

 

脳疲労対策と白髪のケアに役立つ、おすすめの栄養成分と含有の多い食べ物、それぞれが効果的な理由を詳しくまとめてみました。

 

今日からの白髪対策、脳の使い過ぎのインナーケアに、以下の食べ物・栄養成分をさっそく摂り入れてくださいね。

 

トリプトファン
  • 高野豆腐、乳製品、パスタ、大豆製品に多く含まれている
  • 髪の質を整える
  • 幸せホルモン”セロトニン”の生成にアプローチする
GABA
  • トマト、大根、ピーマン、バナナなどに含有が多い
  • ストレスを緩和し自律神経を整える
  • 頭皮の血液循環を促してメラノサイトの活性にアプローチ
DHA・EPA
  • 魚、魚介類全般に含有が多い
  • 血流改善、血液の質をサラサラにすることでメラノサイトの活性に副次的にアプローチする
  • 脳が持つ集中力、情報整理、情報インプットの働きを助け疲労を予防する

 

 

脳の疲れや使い過ぎをサロンでケア!白髪対策に効果的なメニューまとめ

 

脳の疲れや使い過ぎが白髪の原因と分かってはいても、慌ただしい毎日を変えるのはそれなりにハードルが高く感じてしまいますよね。

 

食べ物や熟睡できる睡眠の質、忙しい中でも適宜のリラックスや休息を取る白髪・脳疲労対策と合わせて、ここではサロンやクリニックで受けられるおすすめ効果的なメニューを詳しくご紹介します。

 

脳疲労、使い過ぎ、白髪の原因や知識に長けたプロの手を借りた本格的なケア内容をぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

脳疲労の白髪対策に【サロンの効果的なケア】

脳疲労が原因の白髪対策に、サロンで受けられるおすすめのメニューが”ドライヘッドスパ”です。

 

オールハンド、または脳疲労のレベルに応じてオイルやアロマ、カッサやデンキバリブラシを用いるドライヘッドスパは、頭部のリンパ経路・ツボの位置にフォーカスした繊細なマッサージが受けられるため、脳疲労がリセットされてすっきりとしたコンディションに整います。

 

弊社運営の”ヘッドミント”は業界最安値なのに優れた技術力が高評価されたドライヘッドスパを75分3,980円で提供していますので、脳疲労による白髪対策にぜひご利用くださいね。

 

 

 

脳の使い過ぎによる白髪ケアに【クリニックの効果的な治療】

クリニックでは白髪治療という、脳疲労にもアプローチできる治療法を展開しています。

 

ダウンタイムや副作用のリスクもほぼなく、若い年代に生じやすい若白髪のケアにも白髪治療がおすすめです。

 

  1. 脳の活力源となり優れた抗酸化力のある”アミノ酸”
  2. 白髪の発現を遅らせる”ビタミン群”
  3. 頭皮の乾燥、緊張、こわばりをたっぷりの水分で解消していく”ヒアルロン酸”

 

といった脳の疲れと白髪の両方にアプローチできる成分をまるごと体内に摂り込むことができ、2~3ヶ月程度の短期間の継続で効果が期待できると言われています。

 

 

おわりに

 

脳の使い過ぎ、疲れは誰にでも当てはまると言えるので、白髪のリスクには常に注意を払っておく必要があります。

 

つややかで美しい黒髪を長く保持していくために、脳の使い過ぎや疲労に着目した生活習慣・ケアをさっそくはじめてみてくださいね。

 

 

Lixのインスタグラム