合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

アデノシン三リン酸の育毛効果とは?おすすめの食べ物3選!

  • 成分
アデノシン三リン酸の育毛効果とは?おすすめの食べ物3選!

育毛効果が期待できる成分には、もともとヒトの体内に存在していることがあります。

 

アデノシン三リン酸もその1つで、体内にあるアデノシンをさらに摂取することで、育毛効果をより高めることができるでしょう。

 

しかし、アデノシン三リン酸の育毛効果だけでなく、副作用も気になりますよね。

 

本記事では、そんなアデノシン三リン酸をテーマに解説しています。

 

育毛効果や副作用だけでなく、おすすめの食品も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

アデノシンとは?

 

アデノシン三リン酸とは、「アデニンと言われるDNA」と「リボースと言われる糖」が結合しリン酸が3つ連なった化合物です。

 

簡単に説明すると、細胞の成長に関わる生体内で重要な役割を担っている成分で、ヒト以外の生体のほとんどがアデノシン三リン酸を体内で作り出しています。

 

アデノシン三リン酸には、老化によるシワの改善効果があり、主に美容クリームの成分として使用されています。

 

また、近年は育毛を促進する効果が判明したため、育毛剤や発毛剤にも使用されています。

 

 

「アデノシン三リン酸」と「アデノシン」の違い

 

 

 アデノシンの事を調べると「アデノシン三リン酸」と「ただのアデノシン」という言葉を見つけると思います。

 

アデノシン三リン酸は「生体のエネルギー通貨」と呼ばれており、仕事や運動等でエネルギーを使うを一つのリン酸を燃やします。

 

そうするとアデノシン二リン酸になり、3つ使用すると分解化合物の「ただのアデノシン」になります。

 

このアデノシンは蓄積されると眠気となって現れます。

 

コーヒー等のカフェインはアデノシンを抑制する事により、眠気覚ましとして使われております。

 

 

アデノシン三リン酸の育毛効果は?

 

ここではアデノシン三リン酸の育毛効果をご紹介します。

 

 

FGF-7の増加

AGA(男性型脱毛症)のような薄毛の特徴として、成長因子である「FGF-7」の産生量が減少するということが挙げられます。

 

アデノシン三リン酸には乳頭細胞表面の受容体に直接作用してFGF-7の産生量を増加させる効果があるといわれています。

 

 

髪の毛の成長期の延長

 

薄毛になる要因は、髪の毛の成長期の期間が短くなる事に要因します。

 

そのため、徐々に髪の毛のボリュームが減っていき、地肌が見えてきます。

 

アデノシン三リン酸にはヘアサイクルを正常に戻す役割があり、薄毛になりにくくさせる効果があります。

 

 

血管拡張

血行促進という言葉は育毛を心掛けている方でしたら、当たり前に聞く言葉ですが、実は皆さんが考えている以上に重要なファクターです。

 

ミノキシジルという医薬品は薄毛改善のシンボルですが、このミノキシジルの主な効果は血管拡張です。

 

アデノシン三リン酸にも血管平滑筋を弛緩させ血管拡張の効果があります。

 

栄養素を毛根内部まで滞りなく運ぶ事によって育毛します。

 

 

アデノシン三リン酸に副作用はある?

 

アデノシン三リン酸は、もともとヒトの体内に存在している成分ですが、次のような副作用があります。

 

◇心停止
心室頻拍・心室細動
心筋梗塞
過度の血圧低下
洞房ブロック・完全房室ブロック
呼吸障害
肺浮腫
脳血管障害

     

    ただし、上記はアデノシン三リン酸を大量に投与された場合の副作用です。

     

    育毛剤や発毛剤に使用されるアデノシン三リン酸の濃度では、副作用が出る可能性はほとんどありません

     

    そもそも、アデノシン三リン酸を摂取しても、体内に溜まることなく体内から消失してしまいます。

     

     

    アデノシン三リン酸が含まれる食べ物3選

     

    育毛を促すためにアデノシン三リン酸を摂取する方法には、アデノシン三リン酸が配合された育毛・発毛剤を使用する方法の他に、食品から摂取する方法があります。

     

    農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センターが発表している「食品中に含まれるアデノシンの分析」を参考に、アデノシンを食品から摂取するのにおすすめの食品を紹介します。

     

    コラム:育毛に効果的な栄養素は何?おすすめの食材を5つ紹介!

     

     

    ほうれん草

    アデノシン三リン酸を多く含む食品の1つがほうれん草です。ほうれん草に含まれているアデノシン三リン酸は、28.0 mg(風乾嚢10g当たりのmg数)です。

     

     

    白菜

    白菜も風乾重100g当たり50mgを超える比較的高い濃度のアデノシンを含んでいる食品です。白菜のアデノシン三リン酸濃度は176.5mg(風乾嚢10g当たりのmg数)です。

     

     

    パセリ

    パセリは、野菜のなかでもほうれん草・白菜に次ぐ高濃度のアデノシンを含んでいます。パセリのアデノシン三リン酸濃度は168.0mg(風乾嚢10g当たりのmg数)です。

     

     

    さいごに|効率的にアデノシン三リン酸を摂取して薄毛対策を!

     

    本記事で紹介した食品以外にも、黒大豆や大豆、小豆などの豆類だけでなく、しめじやなめこ、まいたけなどのキノコ類もアデノシンを多く含んでいます。

     

    アデノシン三リン酸を過剰に摂り過ぎると副作用の心配がありますが、食品から効率的にアデノシンを摂取するようにして薄毛対策に取り組みましょう。

     

    最後に、本記事の内容をまとめます。

     

    • アデノシン三リン酸とは、アデニンとリボースが結合した核酸を構成するヌクレオシドの1つ
    • アデノシン三リン酸にはFGF-7が乳頭細胞表面に作用して産生量を増加させる効果がある
    • 副作用は「心停止」「心筋梗塞」「過度の血圧低下」など
    • アデノシン三リン酸を食品から摂取する場合は、ほうれん草・白菜・パセリなどがおすすめ

     

    本記事が、アデノシン三リン酸の発毛効果について知りたい方の参考になれば幸いです。