合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

育毛シャンプーとは?育毛剤の違いについて解説!

  • シャンプー
  • 育毛
  • 育毛剤・発毛剤
  • 薄毛
  • 頭皮
育毛シャンプーとは?育毛剤の違いについて解説!

育毛シャンプーと育毛剤は、頭皮環境を清潔に保つという観点で用途が異なります。

 

例えば、育毛は頭皮の環境を整え、頭皮や毛髪の健康を維持することが重要。薄毛や抜毛の予防に繋がるといわれています。

 

育毛へのアプローチの手段や効果の出る期間など、さまざまな違いがみられるため、どちらか悩んでいる方もいることでしょう。

 

本記事では、そんな方のために育毛シャンプーの特徴や育毛剤との違い、それぞれの使い方の違いと期間の目安について解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

育毛シャンプーとは?育毛剤との違いを解説!

 

育毛シャンプーとは、その名のとおり育毛効果のあるシャンプーのこと。

 

シャンプーは頭髪および頭皮を洗浄することが目的で、粉末や固形、ペースト、液状などの種類が存在します。

 

語源はヒンディー語の「マッサージをして頭皮、毛髪を清潔に保つ」。

 

粉末や固形、ペースト、液状などの種類がありますが、現在の日本では粉末や固形タイプはほとんど見かけません。

 

また主な成分は「水」「増泡剤」「保湿剤」「キレート剤」「香料」「防腐剤」「洗浄剤」。

 

ちなみに洗浄剤にはアミノ酸系や高級アルコール系、石けん系が存在し、どの洗浄剤が使われているかで洗浄力などが異なります。

 

それでは、育毛シャンプーには具体的に、どんな特徴があるのでしょうか。

 

ここでは、特徴やアプローチ方法、育毛剤との違いについて解説しています。

 

コラム:育毛シャンプーの選び方を紹介!界面活性剤が入っている市販のシャンプーは薄毛になる?

 

 

育毛シャンプーの特徴

育毛シャンプーの特徴は、頭皮の汚れをしっかり落とすが必要な皮脂は残し、低刺激で頭皮や髪に負担をかけないこと。

 

下記のような方法で頭皮にアプローチします。

 

  • 毛穴が詰まらないようにする
  • 頭皮の環境を悪くならないようにする
  • 髪や頭皮によい成分で健康にする

 

頭皮の毛穴が皮脂や汚れで詰まっていると、髪をうまく発育しません。

 

そのため、毛穴が詰まらないようにすることが育毛への近道。

 

しかし、刺激が強いと頭皮環境が悪くなるためおすすめしません。

 

また頭皮や髪への負担を最小限に抑えながら、頭皮の汚れをしっかり落とすことができる育毛シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系やベタイン系が多く使われているという特徴が挙げられます。

 

高級アルコール系や石けん系の方が洗浄力は強いため、そちらの方が適している気もします。

 

しかし、実は洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

頭皮はまったく皮脂がない状態に陥ると、育毛に適さない環境になってしまうため、頭皮の汚れを落としながらも必要な皮脂は残すことのできるアミノ酸系の洗浄成分が適しているのです。

 

また、高級アルコール系や石けん系は刺激が強いのに対して、アミノ酸系は低刺激。

 

アミノ酸は髪や肌を作り出すもとになっている成分ということも、育毛シャンプーにアミノ酸系が使われていることが多い理由です。

 

その他アミノ酸のほかに、髪のキューティクルを補修したり保湿したりする効果のある成分である「γ-ドコサラクトン」「植物オイル」や、センブリエキスといった頭皮の血行促進する成分や保湿効果がある成分が配合されている商品もあります。

 

 

育毛剤との違い

育毛シャンプーと育毛剤の違いは、下記のとおりです。

 

  • 育毛剤には頭皮を清潔にする効果はない(余分な皮脂や毛穴の詰まりは取り除けない)
  • 育毛シャンプーは間接的にしか髪や頭皮によい成分を与えることはできない
  • 育毛剤は髪や頭皮によい成分を直接的に与えることができる

 

もともと育毛剤は、脱毛予防や髪の成長に効果のある栄養成分、血行を促す効果のある成分を頭皮や髪に与えることで育毛します。

 

育毛シャンプーは、頭皮・髪を清潔にして髪が成長しやすい環境を作ることが主なのに対し、育毛剤は育毛に繋がる成分を直接与えて髪が成長しやすい環境を整えます。

 

 

育毛シャンプーと育毛剤の使い方の違いと期間の目安を考察!

 

育毛シャンプーと育毛剤は、違う方法でアプローチします。

 

そのため、使う順番を間違えたり、誤った使い方をしていたら効果が得られません。

 

それぞれ効果の出る期間と正しい使い方を下表にまとめました。

 

 

育毛シャンプーの使い方

育毛シャンプーは、効果を実感するためにはある程度の期間、使い続ける必要があります。

 

また、髪や頭皮によい成分を与えて髪の成長を促す作用は低く、どちらかというと頭皮環境をよくすることでアプローチできる育毛。

 

そのため、整った頭皮に、新しい髪の毛が生成されるまでの期間が必要です。

 

効果の出る期間の目安 育毛シャンプーの効果が出る期間の目安は3ヶ月から半年程度
使い方 ①シャンプーする前に予洗い(ぬるま湯)をして汚れやほこりを落とす
②溶剤は直接髪の毛や頭皮につけず、一度手のひらで泡立てる
③指の腹を使って、マッサージするように洗う(頭皮や髪の擦り過ぎには注意)
④洗浄成分が頭皮や髪に残らないようにしっかり洗い流す

 

 

育毛剤の使い方

育毛剤の成分が作用するのはヘアサイクルの休止期のため、効果の出る期間は育毛シャンプーとそれほど違いはありません。

 

また、育毛剤を使うタイミングは、シャンプー後がおすすめ。

 

その理由は、頭皮の汚れ・毛穴の詰まりを取り除いた後の方が、育毛剤の成分をしっかり浸透させられるためです。

 

効果の出る期間の目安 育毛剤の効果が出る期間の目安は3ヶ月から半年程度
使い方 ①シャンプーをして頭皮などの汚れを取り除く
ドライヤーで7割程度乾かすか、タオルドライで水分をしっかりふき取る
③気になる部分に分け目を作る
④頭皮マッサージをしながら塗り込む
⑤自然乾燥させる

 

 

 

さいごに|育毛シャンプーと育毛剤との違いを理解して対策しよう!

 

育毛シャンプーと育毛剤は育毛へのアプローチが違います。

 

そのため、どちらかを使うのではなく、両方を使って育毛することがベスト。それぞれの違いを理解して、両方を使って対策しましょう。

 

その際には、順番を間違えないように注意してください。