合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

育毛メーカーMONNALI(モナリ)がヤバい?4億円超の裁判勃発!

  • 育毛
  • 育毛剤・発毛剤
育毛メーカーMONNALI(モナリ)がヤバい?4億円超の裁判勃発!

薄毛に悩んでいる方や発毛対策を考えている方のなかには、MONNALI(モナリ)の高い評判を聞き、気になっている方もいるでしょう。

 

本記事では、MONNALI(モナリ)での発毛対策の流れや実際に寄せられた口コミ・評判を紹介していきます。

 

また、2022/5/19にプレスリリースがあった訴訟についても触れたいと思います。

 

MONNALI(モナリ)とは?

 

 

 

MONNALI(モナリ)は発毛サロンの商標をとっている、日本で唯一の発毛サロンbidan(ビダン)が運営する育毛メーカーです。

 

そんなMONNALI(モナリ)の特徴は「発毛サロンが開発したヘアケア」という点です。

 

BIDANとMONNALIが毛髪理論に基づいて共同開発した、薄毛・抜け毛でお悩みの方のために生まれたスカルプケアシリーズがBIDAN(モナリ)です。

 

このモナリを発毛施術に使用しているBIDANの発毛施術は、発毛率が98.2%という驚異的な発毛率を宣伝しています。 

 

 

MONNALI(モナリ)に関する口コミや評判を検証!

 

日本最大級のAGA情報サイト「MOTEO」や発毛専門BIDAN口コミ調査隊というサイトにMONNALI(モナリ)に関する口コミ・評判が紹介されていましたので、その一部を紹介します。

 

 

「以前に奥さんが通っていました。産後のホルモンバランスの崩れか何かで抜け毛がすごくて。30代後半になり、自分も頭頂部の薄毛が気になりだしたのでお世話になることに。多分自分は気づくのも早かったのもあり3ヶ月でかなり若々しくなりました。サロンに行ってしまえばあとは何もせず身を任せるだけなので、毎日薬を飲んだりするより楽です。」

引用元: MOTEO

 

 

「正直半信半疑で不安もありましたが、最後の賭けで自信を取り戻したいという気持ちに。4ヶ月で発毛を実感し、本当にここへ来て良かったと思いました。」

引用元: 発毛専門BIDAN口コミ調査隊

 

 

続いて、MONNALI(モナリ)の公式ホームページから口コミ・評判も紹介します。

 

「今まで何を使っても、気になる抜け毛やボリュームダウンが全く変化なしで、諦めかけていたのですが、ブラックシリーズのREARとPROTECTを使用してみたところ、気になる抜け毛が減り、気になっていたトップのボリュームが出てきた!!という嬉しい変化が!!!さらに頭皮をスコープで見てみると、以前あった毛穴のつまりがスッキリしていましたっ!!

ブラックシリーズは髪の毛には良い成分が沢山配合されているのはもちろんですが、髪の毛が生える土台の頭皮に働きかけるヘアケアだと、実感しました!

引用元: lu3na『MONNALI ご愛用者様の声』

 

 

MONNALI(モナリ)のトラブル事例

 

先ほども紹介した通り、製品としての批判は上々。

 

ただ、その一方でモナリとビダンは、訴訟や批判を多いイメージです。

 

大っぴらに公開されている情報のみですので、ネット上に載っていない事は言及しません。

 

 

2020年1月24日内容証明「症例写真の無断盗用」

 株式会社リジュベネーションというメーカーと契約関係にあったモナリですが、症例写真を無断盗用し、さらにそれを自社開発の製品として使用していたとして契約解除の内容証明を送られています。

 

該当ページはこちら

PATORA(パトラ)・MONALI(モナリ)背信行為、契約解除についてのお知らせ

 

 

2022年1月25日プレスリリース「ビダンの高裁敗訴」

今年の一月、発毛サロンビダン運営元の株式会社クォークが高等裁判所にて、一般社団法人スーパースカルプ発毛センターに敗訴しました。

 

内容としては、元々スーパースカルプ発毛センターの加盟店だった株式会社クォークが、競合防止条項を無視し、ビダンを立ち上げたという経緯があり、これが営業禁止という処分が下されました。

 

ただ、禁止されてしばらくは発毛サロンのホームページが消えていましたが、最近また復活しました。

 

理由はわかりません。

 

詳しくは「発毛サロンBIDANが営業禁止?営業停止との違いもご紹介!」というコラムで紹介しております。

 

 

2022年5月19日プレスリリース「モナリ・ビダン・代表の尾形親子への4億円裁判」

 

 そして2022年5月下記の様なプレスリリースが発表されました。

 

一般社団法人スーパースカルプ発毛協会及び株式会社Unityは、2022年5月16日、関西圏で発毛サロン・BIDAN(ビダン)12店舗を展開する①株式会社クォーク、発毛・育毛を目的とするヘアケア商品(MONNALI(モナリ)BLACK SERIES)を株式会社クォークと共同開発・販売している②株式会社MONNALI(モナリ)、並びに、両社の役員である③尾形雄二氏及び④尾形麗氏を被告として、大阪地方裁判所に、合計4億1800万円の損害賠償を求める訴訟を提起いたしました。

引用:発毛サロン・BIDAN(ビダン)、MONNALI(モナリ)、尾形雄二氏、及び尾形麗氏を被告とする損害賠償請求訴訟の提起のお知らせ

 

この訴訟は前回の2022年1月の判決でスーパースカルプ発毛センター側の勝訴が確定した事で、損害賠償裁判に踏み切ったと考えられます。