合計金額 10,000円(税込)以上で送料無料です

スカルプコラム

β-グリチルレチン酸(甘草:カンゾウ)とは?育毛効果や使い方など解説!

  • シャンプー
  • 成分
  • 育毛
  • 育毛剤・発毛剤
β-グリチルレチン酸(甘草:カンゾウ)とは?育毛効果や使い方など解説!

β-グリチルレチン酸は頭皮の炎症やかゆみを和らげてくれる作用を持つことから、頭皮環境を良好に保ち育毛効果が期待できるといわれています。

 

本記事では、β-グリチルレチン酸の育毛効果とそのメカニズムなどについて解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

β-グリチルレチン酸とは?育毛に作用するメカニズムについて解説!

 

頭皮用シャンプーや育毛剤に含まれる成分の1つとして、β-グリチルレチン酸が挙げられますが、頭皮環境を改善させるとして注目されています。

 

それでは、β-グリチルレチン酸の特徴について、詳しくみていきましょう。

 

 

β-グリチルレチン酸の特徴は?

β-グリチルレチン酸は、古来より甘草(カンゾウ)という植物を薬草として用いられていた歴史から、抗炎症や抗菌対策として活用されてきました。

 

また、現代では医薬品としても用いられており薬用、そして育毛などでも有効活用されています。

 

β-グリチルレチン酸が医薬品として用いられている効果のエビデンスとしては、東京工業大学の研究が発表。

 

例えば抗炎症作用や細菌発育阻止作用、抗アレルギー作用などの薬理作用が認められることから、医療の現場では注目されています。

 

これが頭皮環境の悪化を改善することに応用され、昨今の育毛剤や頭皮用シャンプーでも用いられるようになりました。

 

ちなみに、医薬品として1日の摂取目安は200mg以内とされているため、取り扱いには十分注意しましょう。

 

 

育毛にアプローチする仕組みとは?

β-グリチルレチン酸は、どのようなメカニズムで育毛にアプローチするのでしょうか。

 

結論をいえば、5αリダクターゼの生成を抑制させることで、ヘアサイクルのうち「休止期」への移行を阻害。

 

このような仕組みで髪の細胞が活性化し続ける結果となり、育毛効果が期待できるということです。

 

具体的には、下記のようなメカニズムが働きます。

 

1.5αリダクターゼの生成を抑制
2.ジヒドロテストステロン(DHT)への変性を抑制
3.ヘアサイクル(毛周期)の成長期間が持続
4.育毛や発毛に作用

     

    β-グリチルレチン酸が育毛に効果的な理由としては、このようなメカニズムが考えられていますが、摂取することをおすすめできないケースが存在することも事実。

     

    例えば、妊婦の方はβ-グリチルレチン酸が流産や早産に起因する危険性が伴うため、摂取は控えるようにしましょう

     

     

    おすすめ!β-グリチルレチン酸を摂取する方法を紹介!

     

    β-グリチルレチン酸は、甘草(カンゾウ)と呼ばれるマメ科植物から抽出される植物性成分の1つ

     

    そのため、食品として摂取しても特に問題はみられないとされています。

     

    一般的には薬品の苦みを軽減する目的で使用されることがありますが、食品においては甘味料の風味を抑制するために用いられることがあります。

     

    つまり、β-グリチルレチン酸は経口摂取しても抗炎症作用や育毛などの効果が期待できるということ。

     

    しかし、β-グリチルレチン酸を食品などを介して経口摂取することに抵抗を感じる方もいることでしょう。

     

    もちろん、育毛剤や頭皮用シャンプーで使用されていることもあります。

     

     

    育毛剤

    β-グリチルレチン酸が含まれる育毛剤を使用すると、抗炎症作用や細菌発育阻止作用などが期待できます。

     

    頭皮の肌荒れや炎症などを抑制する働きがみられることから、頭皮環境を改善するために用いられるケースもあります。

     

    しかし、基本的には育毛剤は頭皮環境がある程度良好に保たれていることが前提であり、ヘアケアという観点からいえばβ-グリチルレチン酸以外の成分が拒絶反応を引き起こすことも考えられます。

     

    そのため、アレルギー反応を含めβ-グリチルレチン酸を含んだ育毛剤には、その効果の感じ方に個人差があることは念頭に置いておかなければなりません。

     

     

    シャンプー

    β-グリチルレチン酸が含まれたシャンプーは、一般的には頭皮用シャンプーというカテゴリーに属します。

     

    また別名、スカルプシャンプーと呼ぶことがありますが、その特徴としては頭皮ケアに特化しているということが挙げられます。

     

    それでは、β-グリチルレチン酸を含んだ頭皮用シャンプーは、一般的にどのような方法で活用すればよいのでしょうか。

     

    結論をいえば、あらかじめ約35度のお湯を髪に馴染ませ、泡を包み込むようにマッサージしながら優しく揉み込みます。

     

    商品によって異なりますが、馴染ませる時間の目安は約3分間。ゆっくりと時間をかけ、頭皮にβ-グリチルレチン酸が浸透するイメージで取り扱ってください。

     

    コラム

     

     

    さいごに|β-グリチルレチン酸で育毛対策に取り組もう!

     

    今回は、β-グリチルレチン酸の特徴や育毛に作用するメカニズムなどについて解説してきました。

     

    食品としても経口摂取可能なβ-グリチルレチン酸ですが、一般的には育毛剤や頭皮用シャンプーでの用途で用いられています。

     

    しかし、摂取量の目安としては200mg/日以内とされていることと、妊婦の方がβ-グリチルレチン酸を摂取することはおすすめできません。

     

    用法と容量を遵守しながら適切な方法で、β-グリチルレチン酸を活用した育毛対策に取り組んでください。